◆新型コロナウイルス(COVID-19)の影響について

新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。

ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

◆新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に関するお知らせ
新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。 ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

台北・高雄の2都市を周る場合の手配の方法をまとめました

台北・高雄はどちらも台湾で人気の観光都市。1度の旅行でどちらも行きたいという方もいらっしゃると思います。

2都市にまたがる旅行の場合、主に次の4つの周り方があります。

  1. 航空券(日本→高雄と台北→日本)、ホテル、新幹線(高雄~台北片道分)を個人手配する
  2. 航空券(日本~台北の往復)、ホテル、新幹線(高雄~台北往復)を個人手配する
  3. 旅行会社のパッケージツアーを利用する
  4. 現地オプショナルツアーを利用する

今日は、メリット・デメリットも考えながら、それぞれの手配の方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

個人で手配する方法

航空券・ホテル・新幹線をすべて自力で手配する方法です。最初に挙げた4つの方法のうち、1と2がそれに当たります。

個人手配のメリットは、何といっても「自由さ」。今回のように2都市を周りたい場合も、高雄と台北はそれぞれ何泊するか、台北は何度も行っているから、ちょっとレアなところに行ってみたいな…など、自分の思うとおりにスケジュールを組むことができます

ただし、事前の手配はツアーに比べ少し面倒です。慣れている方なら準備も楽しめるのですが、そうでない場合は苦痛ですし、不安もあるかもしれません。

「日本→高雄→台北→日本」と、「日本→台北→高雄→台北→日本」の2つの旅程に分けてご案内します。

1.航空券(日本→高雄と台北→日本)、ホテル、新幹線(高雄~台北片道分)を個人手配

例として、

9/6 高雄着、高雄泊

9/7 新幹線で台北へ、台北泊

9/8 台北泊

9/9 桃園空港(松山空港)発、帰国

このようなスケジュールを想定してみます。往路は高雄着、1泊してから新幹線で台北へ移動、台北に2泊して、桃園空港(松山空港)から帰国というパターンです。

航空券の予約

まずは、航空券の予約から。「エアトリ」などの航空券予約サイトなどで時間帯や価格をざっくり調べてみます。今回は仮に、往路は「成田→高雄」、復路は「台北→成田」のルートで検索してみましょう。「2都市以上訪問(周遊)」にチェックを入れます。

※エアトリで検索した場合の例

都合の良い時間帯・価格のものがあれば、その航空会社の公式サイトから直接予約します。公式サイトでも方法は同じで、「2都市以上」や「複数都市」にチェックを入れて検索しましょう。

ただし、海外の航空会社のサイトはわかりにくい、心配だという方もいらっしゃるかもしれません。そんな場合は、エアトリなどの予約サイトで検索後、そのまま予約を完了させても構いません。ただし、料金に手数料が上乗せされます。

「エアトリ」で航空券を検索する

ホテルの予約

次に、ホテルを予約します。楽天トラベルやExpediaなど、口コミ評価のわかるサイトで気に入ったホテルを探してから、トリップアドバイザーなど価格比較サイトで宿泊料金を比較し、高雄のホテルと台北のホテルをそれぞれ予約します。価格が安いプランはキャンセル不可の場合もあるので予約の際は注意しましょう。

台湾新幹線の手配

最後に、台湾新幹線の手配です。高雄から台北までの片道分を予約します。

台湾高鐵(台湾新幹線)の公式サイトで予約ができるのですが、こちらのチケットを事前に購入しておくと大変お得です。

2.航空券(日本~台北の往復)、ホテル、新幹線(高雄~台北往復)を個人手配

続いて、台北に近い空港(桃園空港または松山空港)で台湾入国・出国する例です。最寄りの空港からは高雄への直行便がないが、高雄・台北どちらも行きたい場合はこの方法を取ります。単純に、高雄発着よりも台北発着の方が便数も多いので、成田出発でもこのルートをとる方は多いかと思います。

例として、

9/6 台北着、新幹線で高雄へ、高雄泊

9/7 新幹線で台北へ戻り、台北泊

9/8 台北泊

9/9 桃園空港発、帰国

台湾入国は台北着、高雄に新幹線で移動、高雄に1泊。再び新幹線で台北に戻り2泊、帰りは台北発、といううルートです。

ホテルの予約

まず、ホテルの口コミをチェックします。最初の例のように、楽天トラベルやExpediaなどで自分に合ったホテルを探しましょう。その後、価格比較サイトで宿泊料金を比較します。 価格を確認したら、先に航空券の予約に移ります。

往復航空券を予約する

日本から台北への往復航空券を予約します。台北には桃園空港と松山空港がありますが、到着後すぐに高雄へ移動するので、今回は高雄により近い桃園空港の方がおすすめです。

最初の例と同様、「エアトリ」などの航空券予約サイトで時間帯や価格をざっくり調べてみましょう。

今回のような日本と台北の往復航空券を購入する場合、航空券予約サイトではホテルをセットで購入すると割引される場合があります。

たとえば「エアトリ」なら、「海外航空券+海外ホテル」をセットで購入するとなんとホテル代金が平均30%、最大で100%割引に!

航空券の検索結果の画面で、矢印の「ホテルを追加」をクリックすると…

割引になっています! (割引率はホテルによって異なります)

旅程の中でほかの地域にも宿泊したいときは、画面左のチェックイン日とチェックアウト日を指定すればOK。今回の例なら、9/7・9/8の台北2泊分だけセットで手配する形となります。残念ながら9/6の高雄泊の分はこの画面で一度に予約できないので、別で手配します。

このように、予約サイトを使うと航空券+ホテルのセット割がある場合があるので、

・航空会社で直接航空券を手配+ホテルを別で手配

または、

・エアトリなどの予約サイトで航空券+ホテルのセット割(手数料がかかります)

なるべく料金を抑えたい場合は、 フライトと泊まりたいホテルが決まった段階で、 この2つの方法のうち どちらが安くなるか比較してみましょう。

「エアトリ」で航空券を検索する

台湾新幹線の手配

新幹線は、台北→高雄、高雄→台北の往復となります。

往復の場合は、こちらのチケットを事前購入しておくとお得です。

参考までに、桃園→左営の普通自由席は2020年4月現在で1,490TWDなので、単純に往復購入するよりお得です。前もって席の予約はせず、窓口でバウチャーと乗車券を引き換える形になります。詳しくは上記「詳細をみる」からご確認ください。

旅行会社のツアーを利用する

上に挙げた4つの方法のうち、3と4がこれに当たります。

3.旅行会社のパッケージツアーを利用する

航空券・ホテル・新幹線と、一度にすべての手配が完了するのがいちばんのメリットです。旅慣れていない方、旅行までにあまり時間がない方にもおすすめ。いろいろな観光スポットを効率よく周れるのも魅力です。

デメリットとしては、スケジュールを自由に組めないところ。台北・高雄それぞれ何泊するかは固定されているので、フリープランで自分の好きなところに行きたいという方にはあまりおすすめできません

そして、料金はやはり高めです。例として、9月上旬の成田発のツアーで検索すると(執筆時)、安くても一人当たり10万円前後でした。

しかしその費用であっても、その安心感は代えがたいものがあります。旅行中、何らかのトラブルがあっても相談できます。やむを得ず旅行自体を取りやめなければならないような事情があったとしても、一度にキャンセルが可能です。まだ海外旅行に慣れていない方なら、添乗員付きのツアーを選べば安心して旅を楽しめます。

予算目安(2名利用)

96,000円~/人

  • チャイナエアライン
  • 高雄:ホリデイガーデンホテル+台北:ガーラホテル

予算目安(2名利用)

85,000円~/人

  • チャイナエアライン
  • 高雄:ハンシェン・インターナショナル+台北:シーザーパーク

予算目安(2名利用)

120,000円~/人

  • チャイナエアライン
  • 高雄:ホリデイガーデン+台北:ガーラホテル

4.旅行会社のオプショナルツアーを利用する

旅行会社が主催するオプショナルツアーです。上に挙げた4つの方法のうち、2の「 航空券(日本~台北の往復)、ホテル、新幹線(高雄~台北往復)を個人手配する」の高雄観光分だけを現地ツアーで申し込むという形となります。少し割高ですが、台北発着で日帰りで行けるので、あまり時間がとれないけれど高雄に行ってみたい!という方におすすめです。


今日は、高雄・台北2都市を周る場合の手配の方法についてご紹介しました。

高雄は台北とはまた違った、のんびりとした雰囲気が魅力の街です。ぜひ、ご自身に合った方法で台湾旅行を満喫してくださいね。

コメント