「よくわかる台湾旅行」初めてガイド|台北の交通編

初めての台湾旅行。最初に行くのはやっぱり台北ですよね。台北の観光地やグルメスポットを周るには、どんな交通手段を使ったら良いのでしょうか。台北でよく使われる交通機関についてまとめてみました。

スポンサーリンク

台北の主な交通機関

MRT(捷運)

台北・高雄市内とその周辺を走る地下鉄です(一部地上も走っています)。運賃も安く、だいたい5分間隔くらいで運行しており、気軽に利用できる交通機関です。おそらく台湾観光で一番利用することになるでしょう。

MRTは、切符を買うのも乗るのも簡単です。券売機も日本語表記に切り替えができます。また、台北では淡水信義線=赤、板南線=青・・・のように、路線に色分けがされています(東京メトロも一緒ですね!)。慣れると路線図や駅の表示も色で判断できますよ。

台湾鉄道(火車)

日本のJRのような位置付けの電車です。台北から九份や十份に行くときに使う場合もあるでしょう。台湾リピーターの人なら、台鉄で電車の旅も楽しそうです!

台湾新幹線(高鉄)

台北市と高雄市を結ぶ高速鉄道です。車両は日本製なので、日本の新幹線そっくり!

切符は、台湾高鉄のホームページでオンライン予約ができます。また、外国人限定のパスもあるので上手に利用しましょう。

台湾高鐵公式(日本語)
高鉄3日パス

また、高鐵の駅には「高鐵便當」という駅弁が売られています。安くてボリュームもあるので、実は売り切れが出るほど人気だそうです。台南や高雄に行く際はぜひ試してみてください。

路線バス(公車)

台北市内のバスはとにかく路線が多く、現地の人でもわかりにくいそうです。停留所に必ず停まってくれるわけではないので、バスが来たら手を挙げて停めるなど日本と異なるルールもあります。観光客にはなかなかハードルの高い交通機関です。

タクシー(計程車)

日本に比べて安価なので利用しやすいのがタクシー。台北のタクシー運転手さんは日本語を話せる人も多く、いろいろおしゃべりしてくれます。故宮博物館など駅から遠いところに行く場合や、3~4人での旅行ならどんどん利用して良いと思います。

ただし、ぼったくりもあるので注意。メーターが動いているかきちんと確認すること、そして、トラブル防止のため1人では乗らないようにしましょう。付け加えて言えば、運転はかなり荒いです(笑)。

電車やバスでのマナー

飲食は禁止

台湾では、MRTやバスの車内、駅の中では飲食が禁止されています。台湾は暑いので夏は特に水分補給が欠かせませんが、駅の中で水を飲んだりすることも厳禁。罰則は最高NT$7500の罰金です!これは日本と大きく異なるマナーなので注意してくださいね。

私はペットボトルをカバンに入れずに手に持って乗ろうとして、「台湾では飲んじゃだめなんだよ~(言葉はわからないがたぶんそんな感じ)」と近くにいたおじさんに注意を受けました。たとえ飲むつもりはなくても、持っていれば周りからは怪しまれるので、できればバッグの中に入れて持ち歩きましょうね。

博愛座

MRTに乗ると、「博愛座」と書かれた席があります。これは優先席のこと。日本では車内が空いていれば座る人もいますが、台湾では基本、必要な人のために席を空けておくのがマナーのようです。

また、高齢の方に席を譲ることも日本に比べて多い気がします。私は初めての台湾旅行が両親と一緒だったのですが、現地の若い人が何度も席を譲ってくださり、とても助かりました。

便利な交通カード

台湾で何度もMRTやバスを使うなら、購入を検討したい交通カード。トークンを一回一回購入したり、バスで小銭を出す手間が省けます。それぞれの特色についてまとめてみました。

悠遊卡(Easy Card)

日本のSuicaのような交通系ICカードです。台北MRTの運賃が2割引になりますし、チャージしてコンビニでも利用できるとても便利なカードです。

料金
NT$100(購入時チャージ無し)
購入場所
MRTの駅窓口・自動販売機 桃園国際空港・高雄国際空港
利用範囲
MRT(台北捷運・桃園捷運・高雄捷運 )、台湾鉄道、バス
割引
台北捷運:2割引
コンビニでの利用
チャージ
駅の窓口やコンビニでは1NT$~ 自動券売機ではNT$100単位

台北観光護照(Taipei Pass)

台北観光に便利なフリーパスです。ミニガイドブックやクーポンも付いているそうです。

料金
1日券:NT$180/1日券(猫空ロープウェイ含む):NT$350/2日券:NT$310/
3日券:NT$440/5日券:NT$700
購入場所
MRT駅窓口
利用範囲
MRT(台北捷運)、台北市内のバス
コンビニでの利用
×

MRT1日乗車券/24時間乗車券

桃園空港から台北までのMRTには使用できないので注意!

料金
NT$150/NT$180
購入場所
MRTの駅窓口
利用範囲
台北MRTのみ(桃園MRT空港線は使用不可)
コンビニでの利用
×

桃園MRT・台北MRT ジョイントチケット

桃園空港から台北までの往復と、台北MRTのフリー乗車券がセットになったチケットです。

料金
48時間:NT$520/72時間:NT$600
購入場所
桃園国際空港桃園MRTサービスカウンター、桃園MRT台北駅・桃園空港第1ターミナル駅・第2ターミナル駅
利用範囲
桃園MRT空港線の往復・台北MRT全線
コンビニでの利用
×

おすすめは?

初めて台北を旅行する人で、なおかつ桃園空港を利用するなら、おすすめは桃園MRTと台北MRTのジョイントチケットです。桃園空港から台北駅まで、桃園MRT空港線を使って往復でNT$320かかります。48時間券ならNT$520元からNT$320を引いて、残りはNT$200、72時間券なら同じく往復分を引くとNT$280。この金額で48時間・72時間が乗り放題になるなら、トークンを買う手間などを考えれば、十分元が取れる金額ではないかなと思います。

もし台湾が気に入って、また行きたい!何回もリピートしちゃうかも!なんていう方は、ぜひ次回は悠遊卡を購入してくださいね!台北MRTの運賃は2割引ですし、チャージが残ったらコンビニでも使えます。次回の旅行までとっておいても良いですよね。

逆にこの中で、個人的にあまりおトクじゃないな・・・と思ったのは「台北観光護照」と「MRT1日乗車券/24時間乗車券」です。

どちらもこの日数で元をとるのは正直難しいかなと思います。台北MRTの運賃はとてもリーズナブルで、例えば台北101から士林夜市のある劍潭駅まででもNT$30しかかかりません。台北駅からならNT$20です。それを考えるとあまりお得感がないなと思います。

以上、台北市の交通機関についてご紹介しました。台北では特にMRTを利用する機会が多いと思いますが、とてもリーズナブルな上、運行時間もきちんとしているし、車内もとてもきれいです。マナーをきちんと守り、旅行を満喫してくださいね!

コメント