◆新型コロナウイルス(COVID-19)の影響について

新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。

ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

◆新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に関するお知らせ
新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。 ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

女一人旅台湾・台北編|一人の食事まとめ【食べたもの・お店】

3度目の台北は一人旅!今日は、旅行中に食べたものやお店をまとめてみました。女性一人でも入りやすいお店ばかりなのでぜひ参考にしてみてください!

旅行中に訪れた観光スポットはこちら。

スポンサーリンク

女一人旅、台北で食べたもの!

麻膳堂

台北に到着して、まず入ったのが「麻膳堂」!台湾の麺のお店というとどちらかというとローカルなお店が多い印象ですが、ここはすごくカジュアルな雰囲気で、女性一人で入っても全然平気です。ファストフードをもうちょっとおしゃれにしたみたいな感じ。地元のお客さんも若い女の子がわりと多い印象でした。

「牛肉麺」が有名らしいのですが、辛党の私は烏龍茶と一緒に「麻醤麺」を注文!オーダーは用紙にチェックするタイプなのでこちらも安心です。

麻醤麺

ごまがたっぷり入ったタレを麺とよく混ぜていただきます。ごまの風味がしっかり感じられて美味しい!でもピリッとした辛さがあるので食べ進めても飽きがきません。これはやみつきになりそうです。

ちなみに、一緒に注文した烏龍茶はなんとでした。ちょっと拍子抜け(笑)

台北駅の目の前にあるので、着いてすぐや台北を離れる直前にも行きやすいお店です。市内に何店舗かあります。

麻膳堂HOYII 北車站店

「烏龍麺」とは…

夕食は、Qスクエアの近くにある火鍋屋さんに行こうと思っていました。台湾で有名な女性がやっているそうで、おしゃれな雰囲気で一人火鍋が楽しめるお店とのことで楽しみにしていました。

台北初日、朝から歩き通しでクタクタの中何とか向かったのですが、近くまでは到着しているはずなのに、肝心のお店が見当たりません。しばらく探したのですがやはり見つからず…。真っ暗な中やっと、改装中と書かれていると思しき小さな張り紙を見つけました!定休日は確認していたけど、まさか改装工事中なんて…。

火鍋を食べたかったけどもうほかを探す余力は残っておらず、隣にあったお店に入ることにしました。本当に疲れていたので何のお店かも特に確認せず、外から客層を見て女性や家族連れが多かったのでスッと入ってしまったんです。

席に案内されて、メニューを開いてすぐに気づきました。

これは…日本料理屋さんである……。

さすがに今更出るわけにもいかず、海外で和食を味わう良い機会だと思うことにしました…。でも注文したのはいちばんリーズナブルな「烏龍麺」なるもの。烏龍麺…?

烏龍→うーろん→うろん→うどん!!……なるほど!うどんか!!

後から調べたら「日和食堂Biyori」というお店でした。お店の名前、センスありますよね~!日本の「日」と「和」でBiyori。よくこの単語をチョイスしたなあと。うどんは美味しかったし、女性スタッフの方も感じが良く明るい雰囲気で、滞在中チェーン店でない日本食が食べたいときはおすすめですよ(あまりないとは思いますが)。

日和食堂Biyori

あの有名胡椒餅…!

何となく不完全燃焼だったので、ホテルへ帰る途中、台北駅近くの胡椒餅のお店に立ち寄りました。こちらは「饒河街観光夜市」で行列のできる大人気のあのお店。1個50元!安い~!!ついでにコンビニでビールも購入。

食べたら寝落ちしそうだったので先にさっとシャワーを浴びて、テレビを見ながらゆっくり食べました。ちょっと時間が経って外のパリパリ感が少し失われてしまったけど、期待通りの味。これを書いていたらまた食べたくなってきた(笑)

パイナップル味の台湾ビール!

こちらは昼も営業しており、台北を出る直前に胡椒餅がどうしても食べたくなったときにもおすすめです。イートインではなく完全にお持ち帰り用のお店なので、もちろん一人でも安心して購入できます!

福州世祖胡椒餅 重慶店

鼎泰豊はやはりはずせませんでした

今回も、小籠包は鼎泰豊へ!ローカルなお店よりも少々お高めですが、日本で食べるのに比べたら圧倒的にリーズナブルに楽しめます。それに、やはり有名店だけあって安定した美味しさ!上品でとても食べやすいですよね。

今回は混雑を避けて、11時の開店直後の「A4店」へ行ってきました。MRT「市政府駅」からすぐの「新光三越A4館」の地下にあるお店です。私が行った2016年当時では比較的新しい店舗であまり知られていなかったのか、並ばずに入店できました。もちろんお昼前だったこともあるとは思いますが。

鼎泰豊は日本人観光客が多いので、メニューも日本語が用意されています。オーダー用紙に注文数を書き込んで、お店の方に渡すと間違いのないようにきちんと確認もしてくれます。とても安心です。日本語も完璧☆

写真付きでわかりやすい!
オーダーは用紙へ。

いろいろ食べたかったので、小籠包はハーフを注文一人ご飯には非常に有難いです~!

ハーフは5個入りです

もう一つ、鼎泰豊で食べたかった「紅油燃麺」も。名前の通り辛~い麺です。でも辛い物好きな人なら余裕だと思います。

しっかり混ぜて食べます

安定の鼎泰豊、今回も美味しい小籠包が楽しめました!A4店、今は当時に比べてどうかはわかりませんが、少なくとも本店や101店に比べれば落ち着いて食べられるのではないかなと思います。

鼎泰豊 A4店

台湾スイーツ「豆花」

前回夫と台北に来た時、めちゃめちゃ美味しくて感動したのが台湾のスイーツ「豆花」。私はあまり甘いものが得意ではないのですが、これは自然で優しい甘み。一度食べてすっかり虜になってしまいました。

前回同様、「騒豆花」さんへ。

フルーツ入りの豆花と迷いましたが、結局ベーシックな豆花にしました。

見た目よりも優しい甘さです

相変わらずのおいしさで、量も結構ありますがお値段40TWD(訪問当時)。

お店自体は小さな可愛らしいカフェで、女性一人でも入りやすいです。人気のお店のようで有名人のサインもたくさんありました。

小さいお店ですが味は抜群!

実は最近、日本にも新宿ミロードの7階に支店がオープンしました。一度行ってみたいとは思っているのですが、台北との価格の差に驚愕してしまい、まだ行けていません。仕方ないことだとは思うのですが…次回訪れるのは次の台北旅行のときになりそうです。

騒豆花

和田日式精緻涮涮鍋

夕方、中山駅から歩いて「寧夏夜市」へ。士林夜市などと違って規模は小さいのですが美味しいものが多いことで知られる夜市です。ただ、夜市の雰囲気はとても楽しくて大好きなのですが、なぜかいつもほとんど買うことなく、食事は普通のお店でとってしまいます。今回も食べたいと思っていた鶏肉飯のお店を見つけられず、結局何も食べずに夜市を後にしました。

夕食時、台北駅前にある三越のフードコートをぶらぶらしていて食べたくなったのが「涮涮鍋」です。「涮涮鍋」は「しゃぶしゃぶ」のこと。お客さんも多く列ができており、何よりとても美味しそうな香り!カウンター席もあり、一人でも入りやすそうだなと思って列に並びました。

前日予定していた火鍋のお店が改装休業中で、たまたま入ったのが日本食の定食屋さん。そして、この日の夕食のお店が「和田日式精緻涮涮鍋」…「日式」とは「日本式」や「日本風」といった意味なのですが、今回の一人旅でまさか2度もこの「日式」を食べることになるとは(笑)。

一人だったのでカウンターに通されるかと思ったら、まさかのテーブル相席。テーブルにはIHコンロが設置されており鍋は一人一つずつなのですが、知らない人と向かい合っての鍋は初めての経験でした。特に会話することもなく(言葉がわからないのでそもそもできないのですが)、黙々と食べ進めました。

肝心のしゃぶしゃぶは、お肉はなかなか新鮮で満足のできるものでした。「日式」といえど、具材は台湾式。写真には写っていませんが湯葉のくるくる巻いたようなものや鴨血(?)もありました。

この時まだ向かいに人がいたので極端に接写になっています…

つけだれも一応用意されているのですが、しゃぶしゃぶのだしに味がしっかりついており、特に何もつけなくても十分でした。この味、どこかで…と思って食べながら考えていたのですが、途中で気づきました。これはほんだしの味です。最初に誘われた良い香りの正体はほんだしだったのですね…。自分は日本人なんだな、と改めて感じた夜でした。

〆のうどん付き!

三越公式HP内のフロアマップにはまだ記載があるのですが、Googleマップで見ると閉店となっていて、現在営業しているのかは確認できていません。台北駅前の三越にある地下のフードコートはほかにも美味しそうなものがたくさんあり、101のフードコートほどは混雑もなく、席も取りやすそう。また今度行ったらどこかのお店で食べてみたいです。

フードコートのようす。

念願の!鶏肉飯

とうとう最終日です。火鍋のお店が閉まっていたり、台北まで来ながら和食を食べたりなどいろいろありましたが、ついに無事台北最後の日を迎えました。

ホテルをチェックアウトしてから、ずっと行きたいと思っていた「鶏肉飯」を食べに向かいます。お店はガイドブックにもよく載っている「梁記嘉義鶏肉飯」です!お昼時は地元の人で混んでいてなかなかピリピリした雰囲気、とどこかで読んだので、軽い朝食気分で開店直後を狙って行きました。

お店に着くと案の定お客さんはまだまばらで、お店の人も手が空いているのかすぐに「こっちこっち」と招き入れられます。

事前に仕入れた情報によると、

お店の入り口でトレイを持つ

並んでいるおかずの中から好きなものを自分で取る(目玉焼きは必須!)

鶏肉飯か魯肉飯を選ぶ

指示に従って席につく

スープを注文

お会計

いただきます!

お店に入ったらこの流れのはずだったのですが、まず最初から最後までトレイはおばちゃんが持ってくれました(笑)。ニコニコ笑顔で「とりにく(鶏肉)?」ときかれ、もちろん鶏肉飯をお願いしました。席に案内され、スープを指差しで注文。本当はこの後行く予定のお店もあったので、ごはんと目玉焼きだけにするつもりだったのですが、何となく流れでスープまで…

こんなに食べるつもりはなかったのですが…
しっとり柔らかな鶏肉。甘辛のタレでいくらでも食べられそう♪

鶏肉飯はもちろん絶品ですが、何よりお店の方が親切で優しく、一人旅でもとても温かい気持ちになりました。

その後、2018年春にリニューアルされ、オーダーも用紙に記入する方式に変更されたそうです。おばちゃんたちとの触れ合いも楽しかったのですが、注文しやすくなった分、一人旅でもますます安心して行けるお店になったようですね。今後も台北に行くときは何度でも訪れたいお店の一つ。ぜひ行ってみてください!

梁記嘉義鶏肉飯

  • 台北市松江路90巷19号
  • MRT松山新店線「松江南京」駅より徒歩約5分
  • +886-2-2563-4671
  • 10:00~14:30
  • 16:30~20:00
  • 定休日:土曜・日曜
  • クレジットカード:不可

杭州小籠湯包

絶品鶏肉飯を味わったあと、永康街へ。永康街といえば鼎泰豊の本店や有名なマンゴーかき氷、行列のできるB級グルメのお店など、台北の美食エリアです。

今回台北でやりたかったことの一つが最後に残っていました。「小籠包の食べ比べ」です!二日目に鼎泰豊に行ったので、最終日は違うお店の小籠包も食べてみようと思っていました。

さっき鶏肉飯を食べたばかりでまだお腹はいっぱい。お土産を見たり街歩きをして腹ごなしです。そして、お昼過ぎに着いたのが永康街の最寄り駅「東門駅」から歩いて10分くらいのところにある「杭州小籠湯包」。こちらも有名店ですね。

こちらも写真付きメニューがあります。
オーダーシート。

ノーマルな小籠包が150元(8個)!鼎泰豊は210元(10個)ですから、めちゃめちゃ安いってわけではないですが、少しお手頃に食べられます。

今回小籠包屋さんを選ぶ際に重視したのは、皮が薄めであっさり、量があっても一人で食べやすいこと。ここ「杭州小籠湯包」はそんな条件にぴったりのお店でした。

とにかくスープがたっぷり、餡がジューシー。味はしっかりめですが脂があっさりしているので飽きません。鼎泰豊に比べて若干一つ一つが大きめかなと思いましたが、食べやすいので一人でも8個ぺろりでした(2~3時間前に鶏肉飯食べた後でも)!火傷に注意しながら、アツアツのうちに食べるのがポイントですよ~!

8個ですが一人でも余裕です

ひとつ残念なのが、全体的にシステムがわかりにくいところ。オーダーは用紙に書くのですが、取りに来てくれるのか自分で渡しにいくのかよくわからなかったですし、生姜やつけだれもセルフだったのですが特に説明はありません(笑)。今回は日本人の親子と相席だったので、3人で相談しつつ小籠包を楽しみました。

生姜とつけだれはセルフサービス。小籠包がくる前に準備しましょう

ちょっと忙しない感じもするので、落ち着いて食事がしたい方にはあまりおすすめしませんが、とても活気があって元気のもらえるお店です。

杭州小籠湯包

桃園空港で、最後の一杯

旅行中何度かビールを飲みましたが、桃園空港第1ターミナルにあるフードコートの「熊厚呷烤樂吧」というお店で一口チキンみたいなものを購入、最後の一杯。このチキン、地味に美味しかったです。おつまみにぴったり!

ミニストップの「クランキーチキン」っぽいです

台北女一人旅、お店選びのコツ

国内・海外問わず一人の旅行中での食事はお店選びに悩みますが、台北は一人でも入りやすいお店が結構ありました。お店を選ぶコツはいくつかありますが、

  1. 一人でも食べられるメニューがある
  2. 外から店内の様子がわかり、お店がきれい

この2点はしっかり押さえたいところです。口コミやお店のホームページで事前に確認しておきましょう。

また、今回の私のようにお店がお休みのこともありますし、実際にお店の前まで行ったは良いものの、雰囲気がちょっと…ということもありえます。お店の候補はいくつか用意しておくと良いと思います

どうしても一人で食事はちょっと…という方へ。台北はテイクアウトできるお店が多いです。ぼっち飯はやっぱり寂しいなあというときは、お持ち帰りにしてホテルでゆっくり食べるのもおすすめですよ!


今日は、台北一人旅で食べたものをまとめてご紹介しました。一人でも台湾グルメを思う存分楽しんできてくださいね!

一人旅OKのおすすめツアー

ほかのツアーもみる

コメント