台湾3泊4日の旅!台湾新幹線で高雄へ行ってきました!

台湾の旅もついに4回目です!今回は、一度乗ってみたかった台湾新幹線で、台湾第2の都市高雄まで足を延ばしてみました。

今日は、高雄で行ったところや食べたものなどを振り返ってみたいと思います。

※2017年10月の旅行の記録です。現在は、これから記すこととは相違する点もあるかもしれません。ご旅行の際は事前にご自身でのご確認をお願いいたします。

スポンサーリンク

高雄までの道のり

タイガーエアで台湾へ!

今回は、往路はタイガーエア、復路は貯まっていたマイルを使ってJALを利用しました。タイガーエアは、Surpriceさんで手配。預け荷物のことなども細かく相談に乗ってくださって大変親切でした。

しかし、LCCで4時間は結構しんどかったです。年齢を重ねてくると直角の座席がかなり辛い。私は身体が小さいのでまだマシですが、夫は「もう乗らない」って…(笑)早朝便だったのでなおさら疲れてしまいました。

桃園空港から高雄へ

さて、辛いフライトを乗り越えたらいよいよ台湾に到着!入国審査を終えて両替も済ませ、ゲートを出たら桃園MRTに乗って「高鉄桃園駅」へ。桃園空港からは20分くらいでした。

「高鉄」とは台湾新幹線の正式名称である「台湾高速鉄路」の略です。ここではわかりやすいので「台湾新幹線」と呼ばせていただきます。

台湾新幹線のお得なフリーパス

KKdayさんで、台湾新幹線になんと3日間乗り放題の「高鉄3日パス」を事前に予約購入しておいたので、駅の窓口でバウチャーとパスポートを提示して引き換えるだけ。この「高鉄3日パス」、高鉄桃園駅と左営駅の往復だけで元が取れてしまうという、外国人限定のお得なフリーパスです。

KKdayさんでは、これ以外にもお得なクーポンなどがあるので、台湾旅行を予定している方は必ずチェックすることをおすすめします。

筆談も交えながら指定席も確保!早速新幹線に乗車します!

台湾新幹線に乗る!

さきほど引き換えたパスと、パスポートを改札で提示します。自動改札は通れないので、駅員さんがいるところを通りますよ~

高鉄桃園駅の改札。

ご存じの方も多いと思いますが、台湾新幹線は日本の技術が導入されています。車両も日本のものとそっくりです。

日本の新幹線の改良型だそうです。
清掃中。
座席の背の車両案内も似てますね~(これは台北行きの車両です)

「高鉄桃園駅」から「左営駅」までは2時間弱。景色を見ていたらあっという間でした。乗り心地も良かったです!

高雄で行った観光スポット

1.龍虎塔 2.愛之船のりば 3.六合夜市 4.高雄市立歴史博物館

龍虎塔

無事左営駅に到着!高雄、覚悟していたとはいえ、暑いです。もう10月なのに。さすが南国。

最初に行くのは龍虎塔。高雄でいちばん有名な観光スポットです。荷物は駅前にある「新光三越」の別館「彩虹市集」のコインロッカーに預けました。

タクシーで龍虎塔のすぐ近くまで乗せてもらいました。塔は「蓮池潭」という池にあります。池の周りにはほかにも寺廟が点在していて、パワースポットとして知られており、かなり賑わっていました。

龍から入って虎から出るのがお約束!この順番で通ると、福が来るそうです。

蓮池潭はそこまで大きな池ではないのですが、各スポットを巡りながら1周すると、2~3時間はかかってしまうのではないでしょうか。私たちはとにかく暑さに耐えきれず、龍虎塔だけ中に入って、あとはさらっと通り過ぎるだけでしたが…。周りにたくさん出店もあるので、水分補給しながら歩くと良いと思います。

この後、試しに徒歩で左営駅へ戻ってみました。が、暑い&微妙に歩きにくい道が続くのでおすすめしません。かなり体力を消耗してしまいました。

愛河クルーズ

預けた荷物をピックアップして、ホテルにチェックイン。今回は、ステンドグラスアートで有名な、KRT(高雄地下鉄)の「美麗島駅」近くにある「ホテルDua」に宿泊しました。

立地が良く、清潔でおしゃれなホテルなのでとてもおすすめ。詳細は下記の記事をご覧ください。

ホテルでひと休みしてから軽く夕食をとった後、向かったのは高雄を流れる「愛河」。「愛之船(Love Boat)」に乗って高雄の夜景を満喫しました。

まずはチケットを購入。アンバサダーホテルのすぐ近くにあります。

チケット売り場

私たちが乗ったときは、1人150TWDでした。約20分ほどの短いクルーズですが、料金がほぼ1コインなのはとてもリーズナブルだと思います。

船の中はなぜかムーディーな照明…。ガイドさんもいらっしゃいますが、中国語なので内容はわかりません。

船の内部

夜景もギラギラ(写真悪くてすみません)です。 湿度の高いじっとりとした風が身体にまとわりつきます。台湾に来たな~という感じ。

愛河沿いはライトアップしたカフェやレストランも並びます

いくつか橋の下をくぐったり、できたばかりのライトレールの駅も見えました。船なので多少は揺れますから、写真に収めるよりも自分の目で見たほうが20分間楽しく過ごせます。

愛河沿いは遊歩道のようになっていて、ただ歩くだけでも面白いです。暗くなってもたくさんの人で賑わっています。 日本の演歌を大音量でカラオケしていた女性がいたのは謎でしたが、いつもいるのかな…。

愛之船

高雄市前金區河東路801

KRT橘線「市議會駅」より徒歩約10分

【平日】15:0~22:00、【土日祝】9:00~22:00

150TWD

六合夜市

歩いてホテルへ戻る途中に、高雄でいちばんの有名夜市、「六合夜市」の中を通りました。海の近くだけあり、海鮮の料理を出すお店が多いです。

しかし、私たち夫婦は夜市がなぜかあまり楽しめないタイプで、何も買わず食べずでホテルへ戻りました。雰囲気は大好きなのにな~!

六合夜市

高雄市新興區六合二路

KRT「美麗島駅」より徒歩約5分

18:00~2:00頃

高雄市立歴史博物館

2日目は、「高雄市立歴史博物館」へ。この日も朝から南国の太陽が照りつけ、肌がジリジリと焼けていくようでした。KRT「鹽埕埔駅」から歩いたのですが、歩くだけでHPがどんどん減っていくイメージ。

駅からの道のりは、何とものんびりとしていて良い雰囲気でした。田舎、というわけではないのですが、台北ほど都会ではなくせかせかもしていなくて空気がゆっくりと流れている感じです。

「高雄市立歴史博物館」の建物は、日本統治時代に清水建設が設計したものだそうです。市庁舎として使われていたのだとか。外観も内部もとても重厚で、台北にある「国立台湾博物館」と雰囲気が似ています。

中では「二二八事件」の史料が展示されています。行かれる方は、少し予習をしておくと良いかもしれません。

高雄市立歴史博物館

高雄市鹽埕區中正四路272號

KRT橘線「鹽埕埔」駅2番出口より徒歩約3分

+886-7-531-2612

9:00~17:00

月曜日

入場料無料

http://khm.org.tw/home01.aspx?ID=1

高雄で食べたもの

1.鼎泰豊 2.港園牛肉麺 3.興隆居 4.高雄婆婆氷 5.大圓環雞肉飯

台湾に来たらやはり鼎泰豊

高雄に到着して、龍虎塔へ行く前に鼎泰豊へ。台湾に行くたびに行っている気がするのですが、今回も外せませんでした。

高雄の鼎泰豊は、KRT「巨蛋駅」から歩いて5分くらいのところにある「漢神巨蛋購物廣場」というデパートの中にあります。台北より空いているだろう、と思っていたのですが…そこは鼎泰豊、やはりとても混んでいました。番号札をもらって、70分待ち。とはいってもデパートの中なので簡単に時間をつぶすことができ、そんなに長くは感じませんでした。

漢神巨蛋購物廣場
70分待ち~!

無事呼ばれて着席。さっそく注文したのは、小籠包と空芯菜炒め、大好きな紅油燃麺~~~!!(日本語メニューだと、「特製辛いソース和え麺」)

さすが鼎泰豊、安定した味!旅行で最初の食事が美味しいとテンション上がりますよね~!

鼎泰豊

高雄市左営区博愛二路777号地下1階(漢神巨蛋購物廣場)

KRT「巨蛋駅」5番出口より

+886-7-55-33312

11:00~21:30 ※土日祝は10:30~21:30

https://www.dintaifung.com.tw/jp/

港園牛肉麺

夕食は高雄で有名な牛肉麺を。本当は「美麗島駅」の近くにある雞肉飯 のお店に行きたかったのですが、なぜか営業しておらず、翌日行く予定だった「港園牛肉麺」へやってきました。

有名店だけあってなかなかの賑わい。中は満席で外の席に案内されました。

中で注文してから席へ。

牛肉麺は汁なし・ありの2種類で、両方注文して夫とシェア。一見固そうなお肉ですが、口に入れるとほろほろ。甘辛の絶妙な味です。人気があるのも頷けます。

ネットで調べると汁なしがおすすめという方が多かったのですが、私は汁ありの方が好きでした。駅からちょっと歩きますが高雄に行くならぜひ立ち寄ってほしいお店です。

港園牛肉麺

高雄市鹽埕埔区大成街55號

LRT「真愛碼頭駅」より徒歩約4分、MRT「鹽埕埔駅」より徒歩約8分

+886-7-561-3842

10:30~20:00

クレジットカード:不可

台湾ビールで乾杯!

愛河クルーズのあと、夜市を散策して、ホテルへ……帰る前に、もうちょっと何か食べたい。しかし、ホテルの周りを歩きましたが時間的に空いているお店がほとんどありませんでした。結局、もう疲れたし何か買って部屋で食べようということで、ちょっと雰囲気明るめのファストフードみたいなお店で一口サイズのチキンと、コンビニで台湾啤酒を購入。

暑かったのでビールが美味い!チキンもなかなかでした。こうやってちょっとしたものを買ってホテルの部屋で食べるのも悪くないですよね。ちなみに、「ホテル Dua」はお部屋がとても広くソファもあり、このような形で寛ぐには最高のホテルでした。

興隆居の絶品肉まん

翌日の朝はこちらも有名な「興隆居」へ。肉まんが人気の、早朝から営業しているお店です。

8時ころに行ったのですが、もうかなり並んでいます。日本人観光客も何人かいました。

イートインもテイクアウトもOK。

今日もいろいろ食べたかったので、とりあえず二人で1つ注文。

美味しいといっても肉まんでしょ、と思っていたのですが、中はものすごい肉汁で食べるのが大変なほど。野菜がたっぷりだから全然くどくないし、これなら一人1つでもよかったかもしれない…。本当に美味しくて、私の中では高雄でNo.1グルメになりました。

興隆居

高雄市六合二路186號

KRT橘線「市議會駅」より徒歩約3分

+886-7-261-6787

4:00~11:00

定休日:月曜

高雄婆婆氷でマンゴーかき氷

「高雄市立歴史博物館」に行ったあと寄ったのが、1934年創業の老舗「高雄婆婆氷」。現在は三代目の方が営業されているかき氷のお店です。

注文したのはもちろんこれ!

美しい…

たぶん量が多いだろうと予想して、二人でシェアしました。

ふととなりのテーブルを見ると、トマトに何か…醤油みたいなものをつけて食べている。後から調べてわかったのですが、しょうがや漢方が入ったたれでトマトを食べるという台湾南部の独特な食べ方だそうです。ちょっと味の想像がつかないのですが、暑い中を元気に過ごすための食べ方なのでしょうか?

高雄婆婆氷

高雄市鹽埕區七賢三路135號

MRT「鹽埕埔駅」より徒歩約6分

+886-7-561-6567

9:00~0:00

クレジットカード:不可

大圓環雞肉飯

初日に食べたかった雞肉飯。台北へ戻る前に寄ってみたらお店が開いていました!良かった~。

人気の雞肉飯と、はまぐりのスープを注文。ラミネートされた注文札に数字を入れるだけなのでオーダーは簡単でした。

雞肉飯は、鶏肉(七面鳥?雞肉飯の本場、嘉義では七面鳥を使うようです)のほかにひき肉も少し入っているようです。甘辛いたれがしみていて美味しい…。台北の有名な「梁記嘉義鶏肉飯」のほうが少々あっさりめです。

はまぐりのスープは骨付きの鶏肉も入っていて、シンプルだけど深~い味わい。甘辛の雞肉飯とよく合います。毎日でも食べたくなるような味でした。

その日の分が無くなり次第閉店してしまうようで、おそらく、最初に行ったときもそれで営業していなかったのだと思います。

大圓環雞肉飯

高雄市新興区中山横路1号

高雄MRT「美麗島駅」1番出口目の前

+886-7-285-9805

10:00~18:15

不定休

再び台湾新幹線で、台北へ

高雄で過ごした後は台北へ向かうため、再度新幹線へ。左営駅から台北駅までは2時間前後。疲れもあって熟睡してしまいました。


高雄は、台北よりも空気がのんびりとして、同じ台湾でもまた違った空気が味わえます。台北リピーターの方はぜひ一度足を運んでみてください。

次回は、4度目の台北で見た台湾の「国慶節」のようすを書きたいと思います。

高雄への航空券をさがす

高雄のホテルをさがす

高雄のおすすめツアー

【成田発】高雄+台北<MRTなどで使えるiPASSカード付> 【関空発】高雄+台北<MRTなどで使えるiPASSカード付> <出発50日前まで予約完了限定> 【札幌発】台湾2都市を周遊♪ 台北&高雄4日間

チャイナエアライン

シャトー デ シン ホテル高雄(部屋指定なし){【台北】グロリア プリンス ホテル タイペイ(部屋指定なし)

エバー航空

シャトー デ シン ホテル高雄(部屋指定なし)【台北】グロリア プリンス ホテル タイペイ(エクゼクティブルーム<50日前>)

チャイナエアライン

【台北】インペリアル・タイペイ【高雄】シジューワンホテル(ラブリバー館)部屋指定なし

予算目安 85,000円~/人 予算目安 89,000円~/人 予算目安 83,000円~/人

詳細をみる

詳細をみる

詳細をみる

コメント