女一人旅福岡・大分編|初めての一人旅に行ってきた。

2013年。

「このブログについて」にも書きましたが、この年、私は長く務めた仕事を辞めました。残業は日が替わるまで、休日出勤は当然、お昼休みがある日なんてあったっけ?というくらい多忙な日々。たまの休みは寝ているだけ・・・の日々にとうとう別れを告げたのです。

この仕事が終わったら、今までできなかったことをしよう。

そう考えて真っ先に思いついたのは、旅行。

旅行といえば、社会人になってからは新婚旅行一度きり(新婚旅行については、別の機会に書けたらなと思っています)。夫と一緒にゆっくり温泉でも行こうかな、と思っていたのですが、

夫が、「もう自由なんだし、平日は安いんだからとりあえず一人で遊びに行ってきてもいいよ。」と言ってくれたのです。

「えっ、一人!? まじで?? いいの???」

仕事を辞めてから2週間で行先を決め、そのさらに2週間後、夫が出張で不在の日に合わせて出発することに。こんな感じで、私の初めての一人旅は始まりました。だいぶ前の話ですが、ぼちぼち思い出しつつ書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ドキドキワクワク、初めての一人旅が始まる

行先を九州に決めた理由

初日。羽田発8:15の便(当時)で福岡へ飛びます。

羽田空港にて。これから乗りまーす。

ロビーで搭乗時刻を待っていると、隣に座っているサラリーマンがプレゼンの練習中。そっか、今日は平日なんだ・・・と改めて実感。

私は地元が北海道なので帰省で飛行機には乗り慣れているのですが、一人で旅行の為に乗るのは初めて。まあ、一人旅自体が初めてだから当然か。同じ「飛行機に乗る」という行為なのにワクワク感が全然違う。

行先は、もちろんこれまで行ったことがないところ。且つ、夫がすでに出張で訪れている場所から選びました。二人共に未踏の地は今後の機会に残しておきたかったからです。

夫は出張が多く、普段から日本全国いろいろなところに行っています。なので候補はたくさんあったのですが、これまで未上陸だった九州、その中でも夫が何度も行っている福岡に決めました。しかも美味しいものたくさんありそうだし♪♪♪(←ていうか、決め手はコレ)

旅にもだんだん慣れてきた今は、安い航空券と良さげなホテルをネットで探して・・・というのが普通になっていますが、当時はpeachの成田-福岡間も就航していなかったし、LCC自体がまだ何となくコワかった。調べればもっと安くできたのかもしれないけど、初めての一人旅。安全がいちばんだ!!と思い、H.I.S.のツアーを利用することに。フライトとホテルの組み合わせが自由なプランでした。せっかく行くんだからと、欲張って2泊3日。

今あるツアーの中だとこんな感じだと思います…!
【羽田発着】 【国内専門店・コールセンター・オンライン限定】 選べる空港&ホテルでアレンジ自由自在! JALで行く!セレクト九州周遊3日間

九州初上陸。

帰省のフライトでは大抵爆睡なのですが、ワクワクしすぎて全然眠れなかった。ガイドブックを眺めながら、あっという間の2時間。

調べていたのでわかってはいたけど、空港から街の中までめっちゃ近い!ここが福岡の良いところのひとつで、福岡だけの旅行なら帰りもぎりぎりまで遊べちゃうんですよねー。ここまで市街地に近い空港ってなかなかないかもしれない。

こちらはホームで見た看板。天神駅だったかな?私は牡蠣が大好きで友達同士で定期的に牡蠣を食べる牡蠣仲間がいるのですが、速攻で写真を撮ってLINE。牡蠣は宇宙・・・深い。

ホテルは、大濠公園駅の近くにしました。その日は柳川に川下りへ、翌日は天神のバスセンターから別府へ向かう予定だったので、天神駅付近のホテルにしたかったんだけど、あまり良さげなホテルが空いていなかったんです、確か。

今回このブログを書くにあたって福岡~別府間の交通機関を調べ直したら、バスより特急の方が安いというまさかの結果になってしまったので、それなら博多駅近くのホテルも探したら良かったなあ~、と今さら。実際、泊まったホテルがあまり良くなかったんだよね…。スタッフの方は親切だったんだけど。ていうか、私が行ったときにそんな安い特急のきっぷあったのかな。いや、あったんだろうな…。

ということで、ホテルまで行くのが面倒だったので、とりあえず荷物をコインロッカーへ預けて、お昼ごはんを食べに行きます♪

福岡の1食目。めっちゃ美味しいちゃんぽんに感動

記念すべき(?)福岡の初めての食事。ネットで予め調べていた、井手ちゃんぽんさんに。

ちゃんぽんといえばフードコートによく入っている大好きなリンガーハット…実は、それしか食べたことがなかったんです。今回、井手ちゃんぽんさんを食べてみて驚いた!!野菜が予想以上にたっぷり、しかもしっかり炒められていて香ばしい・・・。良かったー、「小」じゃなくて並にしておいて。でもかなりボリュームたっぷりなので、普通の女性なら小で十分かもしれません。

ちゃんぽん(並)

実は福岡にはこの後夫と一緒に行く機会があり、その時もここで食事をしました!夫は長崎も何度か行っており、「美味しいけど、長崎のちゃんぽんとはちょっと違う」との感想。ここ、佐賀が本店のお店なんですよね。同じちゃんぽんといえど、やっぱり違うのね~。

井手ちゃんぽん 天神店

スポンサーリンク

初日のメインイベント、「柳川川下り」

西鉄に乗って柳川へ

腹ごしらえが済んだところで、西鉄に乗って柳川へ。西鉄の往復の乗車券と川下り券がセットになっている「太宰府・柳川観光きっぷ」を買います。売り場がわからなくて少しさまよったけど、改札の近くにありました。

所要時間は1時間弱。車窓から景色を眺めていると、なんだか不思議な気持ちになってきます。ここで確かに生活している人がいるんだなあと。同じ日本の中なのに、もしかしたら一生その土を踏むことのない場所かもしれないと思うと、窓の外に流れる景色一つ一つが名残惜しく思えてくる。旅行をするといつも湧き上がる不思議な感覚です。といっても、帰りの電車はちょっと疲れて寝ちゃいましたけど・・・。

私だけじゃない、おひとりさま

駅に着いたら、シャトルバスで乗船場へ。送迎がちゃんとあるのが嬉しい。以前書いた川下りの会社選びについての記事に、送迎や、上述の西鉄乗車券とのセットのきっぷのことなどを簡単にまとめてあるのでご興味があったら読んでみてください。

ここが乗船場。

一人で川下りなんて私ぐらいなもんかなあと思ってましたが、私のほかにもおひとり様、いました。食事でもなんでもそうだけど、一人で何かをするって最初は勇気がいるけどやってみると意外とそうでもない。それに普段人と一緒のときはあまり気にならないけど、注意して辺りを見渡せば結構おひとり様っているんだよねー。だから、これから何でもやってみようと思った瞬間でした。まあ、これから・・・っていう年齢でもないんだけどさ。ちょっと話かけてみようかなと思ったけど、あえて一人で来ているところかもしれないので(私のように)止めておきました。「邪魔すんなよー」と思われても嫌だしね。

実際はこれよりももっと低い橋の下も通ります。

途中で売店にも寄ってくれます。

下船するところです。柳が水面に映ってきれい。

川下りはだいたい1時間くらい。私が当たったのはなかなか有名な船頭さんだったらしく、結構有名人も乗せてるようなことをおっしゃってました。さすが、話も上手だし歌声も心地良いし、日焼けした肌がまた仕事人っぽくて素敵。

私が行ったのは11月も半ば。もう冬も間近だったので膝にお布団をかけての川下りだったけど、お堀の水面に日が反射してとにかく眩しかった。女性は注意してください。日焼け止めしっかり塗らないと顔が焼けますよ!!

舟を降りたら見学するところもあるのですが、もう夕方で日も傾いてきたので駅へ戻ることにしました。帰りもバスで送ってもらい、西鉄で博多へ戻ります。色味が絶妙なレトロな電車で可愛かった。

スポンサーリンク

お店選びに失敗!?福岡の夜。

中洲の焼鳥屋さんに行く

天神に戻ってきたら、コインロッカーから荷物を出して、一度ホテルへチェックイン。

なぜかツインの部屋…。

ちょっとひと休みした後、博多駅へ。阪急とデイトスでお土産を買います。夫婦双方の実家には宅配で。定番の「通りもん」と辛子明太子を購入しました。博多駅付近で買えるお土産についてと、辛子明太子についてのまとめの記事も書いているので読んでみてください。辛子明太子は、アレ、まじで迷いますね。あんなに種類があると、試食してもだんだんよくわからなくなってくるんですよね~。でも買う前に試食は絶対した方がいいです。

この時点でお腹の空き具合がピークに。それに、ホテルで少し休んだとはいえ、朝早くから行動しているので足が結構疲れてきていて。あー、早くビールが飲みたい。

ちょっと中洲の屋台を遠巻きに見学してから、旅行前に下調べしていた焼鳥屋さんへ。なぜ焼鳥かというと、好きだから(笑)。今考えたら、好きだからといってなんで焼鳥にしたんだろうと自分でも思う。せっかく行くのにもつ鍋とか水炊きとか食べないともったいないのにね。昼もとんこつラーメンじゃなくてちゃんぽん選んでるし…。

焼鳥屋さんは、中州の真ん中よりやや博多駅よりの場所にあった。外観はちょっとおしゃれ系で、中の雰囲気も良い。でも、他のお客さんがさ。金持ってそうなおじさまと、ブランドバッグを持った綺麗なお姉さんばかり。要するに同伴!

その中に、旅行モードのカジュアルな恰好の私が一人・・・。ほんと居づらくて(笑)。ビールを1杯と、焼鳥を2本だけ食べて出てきちゃいました。味は良かったんだけどね・・・。今後、繁華街での一人の食事はお店選びを特に気を付けようと思いましたよ、ほんとにね。これ以降、それまであまり当てにしてなかった口コミもよく読むようにしています。雰囲気だけは、行った人じゃないとわからないから。

店を出る、そして

まさかの不発にどんよりの私。予定では、焼鳥を食べたら〆にラーメンでも食べてホテルに帰ろう♪って思っていたのに…それどころか、微妙な量の食事が胃を刺激して、空腹感が増している…。当てもなくふらふら歩いてとりあえず中洲川端の駅へ。

もう、コンビニで何か買ってホテルで食べようかな・・・と疲れもあって弱気になっていたけど、思い直した。夫は「せっかく行くんだから思いっきり楽しんでおいで」と送り出してくれたんだった。しかもお小遣い付きで。

ちゃんと楽しまないと勿体ないし、夫にも申し訳ない。

そうだ、もつ鍋行っちゃおう!

急いで一人でも注文ができるお店を探して・・・(スマホってほんと便利)。そこで行ったのがこちら、「もつ鍋おおやま 博多デイトス店」。

博多デイトスの1Fは「博多ほろよい通り」といって、このおおやまさん以外にもお酒が飲めるお店がいっぱいあって。すごく賑わっていて、なーんだ、最初からここにしとけば良かったって思った。「一人で入れるお店はほとんどない」と思い込んであまり探していなかったものだから、もつ鍋も水炊きも食事の候補に入れていなかったんです。ちゃんと調べてたら最初からここに来たのに・・・バカだねえ。この経験があったので、最近の一人旅の食事は結構駅ビルの中のお店を利用することも多いです。一人でも入りやすいし、ハズレも少ないんで。

ここも混んでいたけどたまたま席が空いて、二人がけのテーブル席につくことができました。しかも、隣の席の人も女性で。出張なのかな?ここでも話しかけはしなかったけど、なんかほっとした。

もつ鍋は、店員さんにおすすめされるまま「みそ味」に。

ここは出来上がりを持ってきてくれるので、すぐに食べられます。

ちなみにこの食事の件の最中、ずっと夫とLINEでやり取りしていたので、さぞ心配していただろうと思う。あんなに楽しみに食事に向かったのに、15分後くらいにはテンションダダ下がりなんだもん(笑)

実はここ、東京にも店舗があって。その後先輩と行ったんですけど、やっぱり博多の方が美味しかったな~。気のせいかな。

もつ鍋おおやま 博多デイトス店

博多めん街道。

かなり勢いづいた私は、もつ鍋の〆は頼まずに、そのまますぐ上の階の「博多めん街道」へ。ここは九州のいろいろな麺屋さんが集まるフロア。

どこにしようか迷ったけど、博多華丸・大吉さんおすすめのここにしました。

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店

お店の中は広くて明るくて、地元の人もサラリーマンも観光客もいます。もちろん一人で入っても全然平気。ていうかさっきの焼鳥屋に比べたらね!!楽しくなってきたので(さっきのテンションと雲泥の差)お酒ももう1杯注文して、少し経ってからラーメン。・・・これもねー。超美味かった。とんこつラーメンって、たまに食べたくなるけどやっぱり臭いし脂もきついよねって印象だったから、本当驚いた。すごくあっさりしていて全然くどくないし、香りは十分、でも鼻につかない。食べ終わる頃には超お腹ぱんぱん。まあ、食べすぎよね…。

あまりに美味しかったので、思わずレジ横にあったお土産用ラーメンを夫に購入。

喜んでくれました。(きくらげ散らかってるなあ…)

博多ラーメン Shin-Shin シンシン 3食入り【のし不可】【福岡土産】

福岡で女一人旅、屋台へ行くべきか否か

今回は初めての一人旅ということで、屋台での食事は諦めました。

福岡といえば屋台は文化みたいなもの?だし、最後まで行くかどうか迷いました。旅行のどこに重きをおくか、旅行の何に楽しみを見出すのかって、人によって違いますよね。私の場合、「美味しいものを残さず食べられるか」「旅行中も快適に過ごせるか」というのがかなり重要で、「一人じゃ量が多いんじゃないか?」「トイレは近くにあるかな?綺麗かな?(最重要)」「一人で入っても嫌な顔をされないか?」「ぼったくられないか?」という屋台に対する数々の不安を、事前の下調べで払拭できなかったので今回は断念。

私は結構心配性なので、行き当たりばったりの旅(良い意味で)は性格上できない。それから、後から「あ~、こんな良いところあったんだ、ちゃんと調べて行ったら良かった~」とか、そんな残念すぎることもできない。でも、自由気ままな旅だからこそ出会える何かにも、私は一生縁がないんだなあと思うと、ちょっと寂しい気もします。なんかそっちのほうがキラキラしていい感じだよね。

まあ、今回は屋台よりも、駅ビルの一人もつ鍋とラーメンの方が、私の性に合っていた。ただそれだけ。トイレも綺麗だしね。でも、屋台は賑やかですごく楽しそうだし、飲み友達と2~3人で行ったら超楽しいだろうな。いつか行きたい!

次回は一人旅2日目。別府に向かいまーす。
女一人旅福岡・大分編|とり天と別府の人気宿で日帰り温泉

コメント