女一人旅福岡・大分編|とり天と別府の人気宿で日帰り温泉

「女一人旅福岡・大分編」の続きです。

前回の記事はこちら。
[blogcard url=”http://tabideyo.com/ittekita-fukuoka/”]

スポンサーリンク

 福岡から別府へ

高速バスで福岡を出発します

朝早く大濠公園近くのホテルを出発。朝の公園は気持ちが良さそうで、もう少しゆっくりの出発だったら、散歩でもしたいところでした。

地下鉄で天神のバスターミナルへ向かいます。前日、柳川から戻ってきたときに場所を確認しておいて良かった!天神は、地下鉄の天神駅と西鉄福岡駅、そしてバスターミナルと、とにかく広い広い。それに大きい百貨店や地下街も加わってさらに複雑・・・。高速バスなんてほぼ初めての私は、建物の上の階にバス乗り場があるなんて想像もできず、しばし迷いました。当日いきなり行ってたら乗り遅れていたかも・・・。その後リニューアル工事があり、とても綺麗な施設になっているようです。

福岡は、市内観光をほとんどしなかったので、今度来るときはもう少しゆっくり観たいなあと思いました。

ちょっと残念なバスの旅

バス自体は新しくもなく、特別乗り心地が良いものでもなかったのですが、外に見える山並みが美しかった・・・が、もう少し窓、きれいしてくれーーー。洗車のときに拭き上げをしないのか流れた水の跡がそのまま窓に白く残っていて、せっかくの美しい景色が台無しでございました。それ以外は普通。私はバス酔いはしないので2時間半の道中も全然平気でしたが、酔いがちな方はちょっとしんどいかもしれませんね。山道だし。

ちなみにきっぷの買い方によっては、特急ソニックの方が安い場合もあります。

大分グルメを食す

とり天との出会い・・・

別府北浜のバス停で下車、別府駅まで歩きます。さすが日本でも有名な温泉地、平日にもかかわらず結構人がいる。コインロッカーに荷物を預けるつもりだったのですが空きがなく、しばらくさまよいました。運よく一つ空いて良かった。

ランチは、これも事前に調べておいた駅前のお店へ。
[blogcard url=”https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44004559/”]
正午よりちょっと早めの時間だったのですぐにお店に入れました。注文はもちろん楽しみにしていたとり天!

そもそも「とり天」という料理がよくわからなかったんです。要するに鶏の天ぷらだよね?鶏肉に天ぷらの衣をつけて揚げるんだよね?それをわざわざ鶏をひらがなの「とり」にして、郷土料理です。っていうのってどういうことなんだろうって。

美味しそうでしょう?実際に食べてみたら、ただの「鶏の天ぷら」じゃなかったです。衣はサクサク、中の鶏肉はもも肉を使った唐揚げみたいに肉汁ジュワーじゃなくて、むね肉。でもパサパサじゃなくてしっとり柔らか。しっかり下味がついていたので、一緒についてきたレモンを絞るだけで美味しい~!!いくつでも食べられちゃいそう。確かにこれはただの「鶏の天ぷら」じゃあない。

デザートもついてたしか¥800くらい。今は値上がりしているみたいです。

私が食事している間にお客さんもどんどん入ってきました。店内もおしゃれな雰囲気なので、女性一人でも入りやすいですよー。

家であのとり天をもう一度。

あまりに別府で食べたとり天が美味しかったので、家でも食べさせてあげたくて再現してみることにしました。ネットで調べると、あれ?何か違う。私がお店で食べてきたとり天はしっかりと味が付いていたけど、どうやら本来はからし醤油やポン酢などを付けて食べることが多いらしい。あれは珍しい方だったのか・・・。てっきりあれがとり天のスタンダードなのかと思っていた。でも、それぞれ作り方が結構違っていて面白い。さすが郷土料理、家庭によってそれぞれの味があるんだろう。

最近は当時に比べていろいろなところでとり天が食べられるようになり、機会があれば食べてみることにしていますがなかなか「まやかしや」さんで食べた以上のとり天には出会えません。また行きたいなー・・・。

実は、別府ランチを選ぶのはすごく悩んだんです。美味しそうなお店が思っていた以上に多くて・・・行きたかったけど行けなかったお店を「実はグルメな街「別府」のめっちゃ美味しそうなランチのお店」で紹介しています。次に別府に行く機会があったら行ってみたいお店です。

ふっくら鶏天 山盛り1kg レンジでチン それだけでこの美味しさ フリッター ささみ ササミ とり 鳥 天ぷら 天麩羅 肉 惣菜 おつまみ

別府地獄めぐり

地獄をチラ見

別府には地獄がいくつかあるのですが、「地獄組合(すごい名前・・・)」に加盟しているのは7つ。そこを見学しながら周るのが「地獄めぐり」で、別府の人気観光スポットとされています。しかし、1ヶ所¥400。うーん・・・。時間もあまりないし、1つ観られればいいかなあということで、写真を見て青が美しかった「海地獄」に行ってみることにしました。

海地獄にはあの会社のご一行も

地元の路線バス「亀の井バス」に揺られて30分弱、海地獄前のバス停で降ります。そこからは徒歩ですぐ。

涼しげな見た目とは逆に非常に温度が高く、ものすごい湯気で見えにくいときもあるのですが、写真通り、いや、思っていた以上に青い。青い理由は、温泉成分のなかに硫酸鉄が入っているからだそうです。

周囲は庭園になっています。紅葉の季節だったこともあり花も木もきれいだった。池には温泉がひかれているらしく、蓮が咲いている。

私は入らなかったけど、足湯やレストラン、売店などもあります。過去にはこんな方々も来ていたよう。

本日のハイライト、温泉へ・・・!

杉乃井ホテルへは無料のシャトルバスで

海地獄を見学したら、バスで一旦駅へ戻ります。歩いてバス停へ向かってくると、タクシーのおっちゃんに声を掛けられます。どうやら地獄めぐりをしている人を乗せたいようで、他にも数台から話しかけられました。

今日のメインイベントはもちろん温泉!日帰り入浴を予定していた杉乃井ホテルへは、駅の西口から出ているシャトルバスに乗って向かいます。予約も要らず、15分に1本くらいの頻度で出ているのですごく便利。乗った時間は確か15時くらいだったので、私以外の乗客は宿泊の人が多かったみたい。

さっき行った海地獄よりも、もっと高台にバスが進みます。海の方を見渡すと、至る所から湯気が。温泉気分が高まります~。

楽しみにしていた「棚湯」は想像以上

到着後、受付をして、早速温泉へ。

浴場内の写真はさすがに撮れないのでお見せできないのが残念ですが、「棚湯」、すごく良かった!広い露天風呂から見えるのは、別府湾と広い空・・・(曇りだったけど)。

ずーっと窮屈な生活をしてきたものですから、あまりの解放感にちょっと涙が出そうになりました。もう自由なんだーって思った瞬間。ついこの前までとあまりに違うところにいるので、なんだか不思議な気持ちにもなりました。

この杉乃井ホテルは、棚湯と行き来できる「ザ アクアガーデン」という水着で入れる温泉もあって、そこはさすがに一人では行けませんでしたけど、友達同士や家族で来る人にはとても楽しめる施設だなあと思います。私も一人じゃなかったら行きたかったわー。

ホテルの印象

温泉に関しては言うことなしだったのですが、どうもホテルの印象が・・・暗い。ちょっと記憶が曖昧ではあるのですが、何となく館内が暗い。照明が暗いのか?近所のスーパー銭湯の方がよっぽど明るいかも。でも工事もしていたような気もするから、そのせい?温泉までの通路も何となく寒々しいし、ワクワク感がそがれてしまうんですよね。

ただ、私が行ってから数年経過していますから今は違うかもしれません。公式HPを見ても、館内に新しいお店や施設ができているようなので当時とは変わっていることでしょう。

帰りのシャトルバスを待っているところ。遠くに湯気が・・・。

別府には、ここ杉乃井ホテルのほかにも日帰り入浴のできるホテルがあります。宿泊すると結構なお値段のホテルも、日帰りならかなりリーズナブルに良いお湯を楽しめます。駅からのアクセスの良いところもあるので、時間がないので温泉だけでも!という方にもおすすめです~。

別府温泉。日帰り入浴できるおすすめホテルはこの3つ!

一人旅、最後の夜です・・・。

別府から大分へ

今日の宿泊は大分駅周辺のホテル。可能なら杉乃井ホテルに泊まりたかったのですが・・・。残念ながらH.I.S.のプランでは杉乃井ホテルは選べず。選べたとしても結構追加料金かかるだろうなあ。

別府から大分へはJR日豊本線で。15分くらいで着いちゃいます。17~18時くらいだったかな。車内は学生さんも多く、やや混雑。地方の電車に乗るとその土地の言葉が近くに聞こえるのですごく楽しい。

大分駅に着いたら、すぐにホテルへ。大分駅からは歩いて10分くらい。駅前の通りは鳥がすごい・・・。ムクドリかな?うちの最寄り駅もそうだけど、近所のビルやお店の人は大変だろうなあ。もちろん歩くのも大変。

泊まったホテルは「ベストウェスタン ホテルフィーノ大分」。現在は「ホテルマイステイズ大分」へと、経営が替わっているようです。

ホテルマイステイズ大分

建物も設備も新しいもので(リニューアルされただけかもしれないけど)、とても清潔感があって過ごしやすいホテルでした。大分駅周辺には温泉付のビジネスホテルもあるのですが、ここは残念ながら付いていません。駅からも少々歩きますが、その分お値段も抑え目な気がします。温泉も入りたい・・・という場合は、大分駅直結のJR九州ホテルブラッサム大分の上階にある温泉を日帰り利用するのも良いかも!

【アクセス】 JR大分駅より徒歩約7分
【IN】15:00(最終29:30)【OUT】11:00
【サイト別口コミ評価】
楽天トラベル:3.86|じゃらん:3.7|Yahoo!トラベル:4.06|一休.com:4.23)

JAL航空券付プラン(じゃらん) ANA航空券付プラン(じゃらん)
おすすめプラン
【楽天限定】ポイント10倍還元!!【素泊まり】
食事なし 4,730円~/人(1名利用)
【じゃらん限定】ポイント10%還元!!【素泊まり】
セミダブル/14平米/食事なし/禁煙 4,540円~/人(1名利用)
ビジネス・レジャーに最適♪ベストレート 間際のご予約に♪【素泊まり】【幼児無料】
セミダブル/14平米/食事なし/禁煙 4,050円~/人(1名利用)
一休ポイント最大10倍プラン!!/素泊まり 貯めるもよし!使うも良し!
セミダブル/14平米/食事なし/禁煙 4,050円~/人(1名利用)
【赤まるSP】全室Wi‐Fi完備!ビジネス・観光の拠点に最適!食事なし/禁煙 スタンダードセミダブル
セミダブル/14平米/食事なし/禁煙 4,050円~/人(1名利用)

最安値をチェックする!

夜も鶏料理。

ホテルでひと休みした後は、再び駅へ。私が行った当時はJRおおいたシティはまだ一部工事中でしたが、それでもお土産屋さんはあったのでゆずこしょうを購入。ゆずこしょう大好きなんです。

夕食は、お昼のとり天に続いてまたも鶏料理を。九州といったら地鶏かな?と思って、炭火焼の食べられるところを探して行ってきました。

今振り返ると、うん、大分じゃなくても食べられるんじゃないかしら・・・?という料理。でも美味しかったです!!ビールとたたき、炭火焼がセットになってる「晩酌セット」みたいなのを注文したような気がします。

ちなみにこのお店、リニューアル中だそうで今はお休みのようです。

とうとう一人旅も終わり。帰路へ

帰りは大分空港から

行きは福岡空港でしたが、帰りは大分空港から東京へ。大分駅前から空港バスに乗ります。所要時間は1時間ちょっとの予定でしたが、余裕をもって出発。乗り場では結構列ができていたので早めに行って良かった。途中のバス停から乗ろうとしていた人は、もうすでに満席で断られていました。ああいうとき、間に合わなかったらどうするんでしょうか・・・。

お昼の便で大分空港を出発。無事東京へ帰りました。あれこれ詰め込んだ濃い3日間だったので、長くも感じ、あっという間にも感じ・・・飛行機の中では「もう終わりかー」とちょっと悲しくなりました。

初めての一人旅を終えて。

その後一人旅を何回か経験し、今になって振り返ると「もっとこうしたら良かったなー」って思う点も多々あるんですけど、当時の私にとってはこれが精いっぱい。でも、美味しいものを堪能し、予定していたところにも行けて。温泉では今まで味わったことのない解放感に浸ることもできました。一人の寂しさもほとんど感じることもなく、本当に楽しかった・・・。初めてにしては大成功!だったと思います。

初めての一人旅なんて、今のご時世大抵の人が20代のうちに済ませるものかもしれません。なのでこれを書くのはちょっと恥ずかしさもあった(当時33、しかも国内)のですが、私みたいな人も中には居るかな、「一人旅してみたいけどどうしよっかなー」って迷っている人がいたら参考になるかしら?と思い、書いてみました。30代で一人旅デビューした人もいるよーってことで。

一人旅のことについては、また機会があれば書きたいと思います。

 もう1回行ってます!
 2度目の福岡に行ってきた。金印公園と満腹博多グルメ

コメント