今回は、台湾の旅行中に使えそうな挨拶の基本表現をご紹介します。本当に簡単なものばかりなので、ぜひ旅行中に一つでも多く使ってみてください。

また、台湾では漢字が使われているのである程度字面で判断できる場合がありますが、やはり見ただけでは意味の分からない単語もたくさん!そこで、街中の看板や夜市のメニューなどの解読に、覚えておくと便利な単語もまとめてみました。中国語は発音が難しいですが、単語さえわかれば文字で書いて伝えることもできますよ!

スポンサーリンク




台湾旅行中に使いたい、あいさつ・お役立ち表現

こんにちは
你好(ニイハオ)
ありがとう
謝謝(シエシエ)
さようなら
再見(ツァイチェン)
ごめんなさい
對不起(ドゥイブチー)
はい/いいえ
是/不是(シー/ブゥシー)
すみません(人に呼び掛けるとき)
先生(シェンション)※男性に / 小姐(シャオチェ)※女性に
おいしい!
好吃!(ハオチー)
お会計をお願いします。
埋單(マイダン)。

シーン別台湾でよく見かける単語集

台湾旅行中、よく目にすると思われる単語を集めてみました。意味がわかると歩いているだけでも面白いですよ~!

街歩きに出会う単語

単語 意味 備考
〇〇飯店 ホテル 「飯」とつくとレストランかと思ってしまいますが、ホテルです。
〇〇中心 〇〇センター
卡拉OK カラオケ 読みに文字を当てた感じですかね。
家楽福 カルフール フランス本社の大規模スーパー。なんでもあるのでお土産を買うのもおすすめです。
全家 ファミリーマート 関東煮(おでん)もあります!
肯徳基 ケンタッキー
洗手間厠所 トイレ
養生館 マッサージ店

 

ショッピング中にまつわる単語

単語 意味 備考
伴手禮 お土産
信用卡 クレジットカード
半折/8折 半額/20%引き 8折は、8割引き・・・ではなく、8割の値段で買えるという意味。
買一送一 1つ買うと1つサービス ドラッグストアなどでもよく見かけます。
鳳梨酥 パイナップルケーキ
芋頭酥 タロイモケーキ
牛軋糖 ヌガー
果乾 ドライフルーツ
烏魚子 からすみ

台湾の交通機関にまつわる単語

単語 意味 備考
機場 空港
車站
捷運 MRT、地下鉄
博愛座 優先席 日本では空いていれば座る人もいますが、台湾では「座るべき人以外は座らない」が基本マナーのようです。
火車 台湾鉄道の列車 日本のJRのような位置付けです
高鐵 新幹線 「高鐵便當」は台湾新幹線の駅弁。売り切れるほど人気です。
月台 ホーム
客運 バス 高速バスなど、中・長距離を走るもの
公車 バス 市バスなど比較的短距離のもの
計程車 タクシー

グルメにまつわる単語

単語 意味 備考
餐廳 レストラン
小吃 小皿料理
素食 菜食 質素な食事という意味ではないです。
美食區 フードコート
自助 セルフサービス
菜單 メニュー
外帶 テイクアウト 読み方は「ワイダイ」。台湾は持ち帰りする人が多いです!
内用 お店で食べる 読み方は「ネイヨン」。お店で聞かれることもあるので覚えておきましょう!

メニュー解読に役立つ単語

材料や調理法、味を表す漢字がわかれば、写真のないメニューが出てきても何となく想像ができます。

材料を表す単語
単語 意味 備考
牛肉 牛肉 牛肉麺は食べておきたい台湾グルメの一つです。
豬肉 豚肉 「いのしし」ではありません!
雞肉 鶏肉 雞肉飯は魯肉飯と並ぶ人気の食べもの。
蝦仁 エビ
魷魚 イカ
魚翅 フカヒレ
調理法を表す単語
単語 意味 備考
丸めた・だんご 魚丸は魚のすり身を丸めたもの。
巻く
和える 〇〇拌麺などでよく見かけます。
焼く 火で直接炙るようなイメージ。夜市でよく目にする文字です。
煮る
炒める
揚げる
蒸す
味を表す単語
単語 意味 備考
甘い
塩辛い
辛い 唐辛子系の辛さ
辛い 山椒のしびれる辛さ
酸っぱい
いろいろな料理名
単語 意味 備考
咖喱 カレー
麺包 パン
油條 揚げパン
漢堡 ハンバーガー 「摩斯漢堡」はモスバーガーです。
乾麺 汁なし麺
湯麺 汁あり麺
烏龍麺 うどん
意大利麺 パスタ イタリー麺。
スープ
鍋貼 焼き餃子 台湾では餃子といえば水餃子。焼き餃子はこんなふうに書くんですね!
水煎包 焼小籠包
肉包 肉まん
芒果 マンゴー
粉圓 タピオカ
鳳梨 パイナップル
愛玉 ゼリー
布丁 プリン
牛奶 ミルク ドリンク屋さんでよく見かける文字です。
啤酒 ビール

今日は、台湾旅行中の「言葉」についてまとめてみました。

旅行で楽しいことといえば、美しい景勝地に行くこと、歴史ある建物を見ること、美味しいものを食べること、知らないところで日常を忘れてリラックスすること・・・と、人によってそれぞれだと思います。

そして、忘れてはならないことが一つ。現地の人と交流することです。「交流する」といっても、家に泊まらせてもらうとか、一緒に食事をすることとかそんな大それたことでなくて良いのです。宿泊するホテルやお店のスタッフ、タクシーの運転手さんなど、旅行中はコミュニケーションをとる機会がたくさんあります。もしかしたら、道端で台湾の方に助けてもらうことがあるかもしれません。そんなときに「ありがとう」を笑顔で言えたら、きっと相手も嬉しいのではないでしょうか。

もちろん英語の「Thank you.」でもほとんど通じると思います。台湾は日本が統治していた時代があったこともあり、日本語を話せる方も少なくないので、もしかしたら日本語の「ありがとう」が通じるかもしれません。でも、できればお礼は現地の言葉で伝えたいものです。日本にいても、たとえ片言でも「アリガトウ」の言葉を外国人観光客から聞けたら嬉しいですよね。

現地の言葉を知っていると旅行が一層楽しいものになります。ぜひ一つでも良いので声に出してみてくださいね!

スポンサーリンク