「よくわかる台湾旅行」初めてガイド|旅の服装編

日本に比べて暑い印象のある台湾ですが、旅行の際は具体的にどんな服装で行ったら良いのでしょうか。年間の気候の特徴と服装について、台湾の北部(台北)と南部(高雄)に分けてご案内します。

スポンサーリンク

台湾北部(台北)の気候と服装

春(3~5月)

3月前半はトレンチコートなど薄手のコートが必要ですが、後半になると台北の街も暖かい日が増えてきます。長袖にパーカーやジャケットを羽織るような服装がおすすめです。

4月になれば気温はさらに上がります。半袖にカーディガンや長袖のシャツを重ね、脱着できるようにしましょう。

5月中旬からは梅雨に入ります。雨具を必ず持って行きましょう。

夏(6~8月)

6~8月は台湾でいちばん暑い時期です。半袖でもちろんOKですが、室内の冷房がかなり強く効いているので、薄手の羽織るものがあると安心です。また、日射しも強いので帽子や日傘、日焼け止めを準備してください。

梅雨明けは日本同様その年によって異なりますが、だいたい6月中旬から7月上旬に空けることが多いようです。8月からは台風シーズンがやってきます。

秋(9~11月)

9月もまだ台風の多い時期です。また、暑い日も続きます。

10月になると晴れの日も増え、旅行に適した気候となります。とはいえ日中はまだまだ暑いので、半袖にカーディガンなど羽織るものを用意しましょう。

11月からやっと気温が下がってきます。半袖はさすがに辛いかもしれません。前半はカットソーに薄手のニットなど、長袖2枚を重ね着するのがおすすめ。後半はパーカーやジャケットが必要です。

冬(12~2月)

温暖な台湾とはいえ、冬は時々ものすごく寒い日もあります。台北は日本の与那国島に近いですが、季節風の影響で台北の方が気温が低いようです。セーターやカーディガンにコートや薄手のダウンを重ねて、脱着できるようにしましょう。

スポンサーリンク

台湾南部(高雄)の気候と服装

春(3~5月)

台北よりも3~4度気温が高い高雄。3月は日中は暑いくらいの日もありますが、夜は冷えることもあります。基本は長袖+長袖の重ね着に、パーカーなど羽織れるものを用意しておくと良いでしょう。

4月・5月になると日中は30℃ほどまで上がる日も。この時期になればTシャツに長袖シャツなどで十分です。

夏(6~8月)

6月に入ると雨が格段に多くなり、蒸し暑い日が続きます。台北も蒸し暑いですが、高雄はそれ以上に湿度が高いです。雨具は必携、汗を拭くタオルも多めに用意しましょう。暑いですが、台北と同様、室内の冷房はガンガン効いてますので薄手の羽織るものは忘れずに。

秋(9~11月)

9月はまだ雨も暑い日も続きます。

10月になればぐっと雨の日は減り、観光しやすい気候に。私も10月に高雄に行きましたが、天気に恵まれました。しかし気温はというとまだまだ夏・・・日中は30℃越え。日本の夏と同じ格好で大丈夫です。ここでも羽織りものは忘れずに。

11月に入ると幾分過ごしやすくなるようです。半袖に長袖シャツや薄手のカーディガンなどを重ね着すると良いでしょう。

冬(12~2月)

高雄にも冬がやってきます。それでも最高気温は25度前後!寒暖差が激しいので、脱着できるような服装で。アウターは薄手のコートがあると良いでしょう。日本の春のようなイメージ、というとわかりやすいでしょうか。

台湾の気候と服装についてご案内しました。夏は暑さ対策、冬は寒暖差に応じられるような準備が必要です。そして大切なのはやっぱり羽織るもの!レストランやデパートなど、日本以上にエアコンが効いているので、これだけは忘れないように!

コメント