ゴールデンウィークは札幌へ行こう!2泊3日モデルコース

春はもうすぐ!ちょっと気は早いですが、2018年のゴールデンウィークの予定はもうお決まりですか?今年はなんと最大9連休になるそうです!

5月初旬は北海道もやっと暖かくなってくる、とても良い季節。道産子の私としては、この時期から夏にかけてが北海道のベストシーズンではないかなと思います。そこで、9連休は取れないにしても、2泊3日で十分北海道を楽しめるモデルコースを作ってみました。北海道は広く、おすすめしたいところはたくさんあるのですが、今回はどの地域からも比較的行きやすい「札幌」を中心としたプランになっています。ぜひ、ゴールデンウィークの旅行にお役立てください!

スポンサーリンク

2泊3日の札幌モデルコース

札幌に小樽観光も加えた2泊3日のプランです。美味しい北海道グルメもたくさん食べますよ~!

【1日目】北海道到着!

いよいよ北海道へ!お昼前後までには新千歳空港に到着したいところです。

国内格安航空券ならスカイチケット! 東京⇒札幌11,000円〜!

新千歳空港でランチ!

ランチは空港で。さすが北海道の玄関口、新千歳空港には食事をするところがたくさん!北海道グルメが盛りだくさんです。

この時点で既に迷ってしまいそうですが、ランチなのでここはとりあえずラーメンはいかがでしょうか?国内線ターミナルビル3Fには「北海道ラーメン道場」というエリアがあります。北海道各地の名店10店舗が大集合してるんです!さらに迷っちゃいそうですね・・・。私のおすすめは「札幌味噌拉麺専門店けやき」「函館麺厨房 あじさい」「えびそば一幻」といったところでしょうか。王道といえば王道ですが、有名店はやっぱり美味しいですね~。

北海道ラーメン道場

札幌へ

札幌まではJRで向かいます。新千歳空港駅から「快速エアポート」で約40分です。

到着したらとりあえずホテルへ。夜までは大通公園時計台、赤れんがでおなじみの旧道庁など、近くの名所を周ってみよう!
※札幌時計台は、外部改修工事のため平成30年6月1日~10月31日まで休館となります

さっぽろテレビ塔
札幌市中央区大通西一丁目
市営地下鉄「大通駅(東豊線)」27番出口より徒歩約1分
011-241-1131
9:00~22:00
大人:720円、高校生:600円、中学生:400円、小学生:300円、幼児(3歳以上):100円
http://www.tv-tower.co.jp/

【100円割引】さっぽろテレビ塔 クーポン(展望台入場券)

札幌時計台
札幌市中央区北1条西2丁目
市営地下鉄「大通駅」市役所側出口より徒歩約5分
011-231-0838
8:45~17:10(入館17:00まで)
1月1日~1月3日
大人:200円 高校生以下無料
http://sapporoshi-tokeidai.jp/

北海道庁旧本庁舎
札幌市中央区北3条西6丁目
市営地下鉄・JR線「さっぽろ(札幌)駅」より徒歩約8分、市営地下鉄「大通駅」 より徒歩約9分
011-204-5019
8:45~18:00
12月29日~翌1月3日 ※行事の都合で見学できない場合もあります
無料
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/sk/akarenga.htm

藻岩山で夜景を

夜は札幌市内を一望できる藻岩山へ上ってみましょう。夜景も美しいので、デートスポットとしても人気なんですよ。夜景は暗くなる少し前から見るのがきれいなので、日没時間より前に山頂に着くようにして行きましょう。当日の日没時間については、公式HPのトップページに記載されています。行く前にチェックを忘れずに。

藻岩山のロープウェイ乗り場までは、すすきのから市電とシャトルバスを乗り継いで30分くらいです。

詳しいアクセス方法は>> もいわ山ロープウェイへのアクセス

札幌もいわ山ロープウェイ
札幌市中央区伏見5丁目3番7号
011-561-8177
【4/1~11/30】10:30~22:00(上り最終21:30) 【12/1~3/31】11:00~22:00(上り最終21:30)
【往復】大人:1,700円 小学生以下:850円
http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/index.html

夕食は美味しい海鮮!

藻岩山から戻ってきたら、夕食へ。北海道といったら新鮮な海の幸。おすすめは、やっぱり海鮮です!大通~すすきのにかけてのエリアはたくさん美味しい店があるので、ぜひ調べて行ってほしいと思います。

札幌のおすすめアクティビティ

【2日目】小樽観光

2日目の午前中は小樽へ足を伸ばしてみましょう。札幌駅からはJRの快速に乗れば40分ほどで到着です。

小樽は北海道の中では歴史のある街です。港があるため、明治時代から北海道の海の玄関としての役割を果たしていました。それに伴い銀行や商社も集まり、北海道の中心として栄えていったのです。この時代の建造物の一部は重要文化財となっており、それを巡るのも、運河と並び小樽観光の楽しみの一つとなっています。

運河で写真を撮ったら、堺町通り商店街へ。この通りには歴史のある建物や、オルゴール堂、ガラス製品のお店が並びます。ぶらぶらしているだけでも楽しいので、ぜひ散策を。

小樽堺町通り商店街 ガイドマップ

小樽グルメ

小樽に来たら、もちろんお寿司!

小樽は海に面した街なので、新鮮なお魚は絶品!ランチなら夜の時間帯に比べてリーズナブルに食べられるお店もありますから、ぜひ召し上がっていってくださいね。

https://tabelog.com/sushi/hokkaido/A0106/A010601/rank/

ルタオ本店

北海道のお土産で人気のLeTAO(ルタオ)の本店もここです。2Fは喫茶スペースになっており、ケーキセットや作りたての生ドゥーブルフロマージュも味わえます。歩き疲れたらこちらでひと休み。もちろんお土産も購入できます。

小樽洋菓子舗ルタオ 本店
小樽市堺町7-16
0120-46-8825
9:00~18:00(喫茶は営業時間終了の30分前まで)※季節により変更あり
なし
https://www.letao.jp/shop/letao.php

また、堺町通商店街は食べ歩きができるお店も多くあります。小樽のB級グルメに挑戦してみても良いでしょう。

小樽のお土産

小樽を離れる前に、お土産を購入!小樽はガラス製品でも知られています。先述のように、堺町通商店街には有名なのは「北一硝子」。見ているだけでもうっとりしてしまうような作品ばかりです。作っている様子を見学できる工房もあります。

北一硝子はネット販売を行っていません。ここでしか購入できないものなので、ぜひ自分用やお母さんへのお土産にされると良いでしょう。破損が心配であれば、お店から発送もしてくれます。

北一硝子

小樽のおすすめアクティビティ

夕食には道民のソウルフード、ジンギスカンを


小樽を満喫したら、暗くならないうちに札幌へ戻りましょう。帰りも快速に乗ってくださいね(普通列車だと50分くらいです)!

この日の夕食はジンギスカン!おすすめは札幌ビール園です。建物も雰囲気がありますし、何といってもビールが美味しい!ちなみにここのジョッキはかなり大きく、小ジョッキが普通の中ジョッキぐらいあります・・・。でも、ジンギスカンと一緒だとどんどん進んじゃうんですよね~!。

【クーポン】サッポロビール園特製アイスクリームを人数分プレゼント

ゴールデンウィークなどの連休は混雑が予想されるので、予約は必ずしておきましょう。もし、予約時間より早めに到着できるようなら、博物館の見学もおすすめです。

サッポロビール博物館

札幌駅からはバスが出ていますが、タクシーでも1,000円くらいで行けるようです。行きはバス、帰りはホテルまでタクシーでも良いかも。

サッポロビール園
札幌市東区北7条東9丁目2-10
0120-150-550(サッポロビール園総合予約センター)
レストランにより異なります。詳細は公式HPでご確認ください。
12月31日
https://www.sapporo-bier-garten.jp/

ネット予約はこちらから

【3日目】札幌観光

最終日は札幌観光です。目的に合わせておすすめをピックアップしてみました。手軽に参加できるバスツアーもあるので、参考にぜひ参考になさってください。

北海道らしい風景が観たい!

羊ヶ丘展望台

北海道といえばこの景色が思い浮かぶ方も多いかもしれませんね。有名なクラーク博士像のある「羊ヶ丘展望台」です。とにかくひろ~~~い敷地に羊がゆったりと牧草を食べている・・・そんなのどかな風景の向こうには、札幌市街を見渡せます。北海道日本ハムの本拠地、札幌ドームも近いです。

さっぽろ羊ヶ丘展望台
札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
地下鉄東豊線福住駅からバスで約10分
011-851-3080
営業時間は時期により異なります。詳しくは公式HPをご確認ください。
無休
大人:520円、小・中学生:300円、未就学児童:無料
http://www.hitsujigaoka.jp/index.html

大倉山展望台

1972年冬季オリンピックの舞台となった札幌。その際ジャンプ競技の会場となったのが、この「大倉山展望台」です。ジャンプ台の頂上まではリフトで上ります。まるで選手になったような気持ちになれるかも!?

大倉山展望台
札幌市中央区宮の森1274
市営地下鉄「円山公園駅」下車後、JR北海道バス[円14]荒井山線「大倉山競技場入口」より徒歩約10分
011-641-8585
展望台リフト【4月29日~11月3日】8:30~18:00 【11月4日~翌4月28日】9:00~17:00
ジャンプ大会及び公式練習日はリフトは利用できません
【往復リフト料金】中学生以上:500円、小学生以下:300円
http://okura.sapporo-dc.co.jp/index.html

お子様連れには・・・

白い恋人パーク

北海道の代表的なお土産「白い恋人」の製造ラインを見学できたり、お菓子作り体験ができたり・・・と、子どもも大人も楽しめるポイントが盛りだくさんです。もちろんお土産も購入できます。

白い恋人パーク
札幌市西区宮の沢2-2-11-36
市営地下鉄東西線宮の沢駅より 徒歩約7分
白い恋人パーク総合案内 011-666-1481
9:00~18:00(最終入館受付 17:00まで)
無休
【入館料】高校生以上:600円、中学生以下:200円、3歳以下:無料
http://www.shiroikoibitopark.jp/
白い恋人製造ライン移設工事及びリニューアル工事のため、下記期間は製造ラインの見学はできません。※工事期間は、製造工程の映像を放映
期間:2018年4月1日(日)~2019年5月末日(予定)
詳しくはこちら>>白い恋人パーク リニューアル工事のお知らせ

円山動物園

地元の子どもたちも訪れる動物園です。ヒグマやエゾシカなど、北海道に生息する動物も展示されています。

札幌市円山動物園
札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
市営地下鉄「円山公園駅」より徒歩約15分 またはJRバス動物園線[円15]動物園前駅下車すぐ
011-621-1426
【3月1日~10月31日】9:30~16:30 【11月1日~2月末日】9:30~16:00
毎月 第2・第4水曜日(祝日の場合は翌日)、4月・11月の第2水曜日を含むその週の月~金曜日
高校生以上:600円、中学生以下:無料
http://www.city.sapporo.jp/zoo/index.html

まだまだ北海道グルメが食べたい!

札幌ら~めん共和国

北海道といえば濃いめの味噌ラーメンを思いうかべる人が多いかもしれませんが、実は北海道は味噌ラーメンだけが全てではありません。札幌は味噌が主流ですが、函館は塩ラーメン、旭川は醤油ラーメンがよく食べられています。ここ、「札幌ら~めん共和国」では、そんな札幌以外のラーメンも味わえます。場所も札幌駅からすぐなので、札幌最後の食事にぜひどうぞ!※お昼は結構混みます

札幌ら~めん共和国
札幌市中央区北5条西2丁目エスタ10階
JR札幌駅より徒歩約5分
011-209-5031
11:00~22:00(LO21:45)
無休
http://www.sapporo-esta.jp/ramen

札幌市中央卸売市場

海鮮をお土産にしたいと思っている人にぜひおすすめなのが、こちら「札幌市中央卸売市場」です。お土産にするなら市場から発送してもらえますし、「市場めし」が味わえるお店もたくさんありますよ!

札幌市中央卸売市場
札幌市中央区北11条西21丁目2-3
市営地下鉄「二十四軒駅」より徒歩7分、JR「桑園駅」より徒歩9分
011-621-7044
6:00~17:00(飲食店は7:00~)
無休
http://www.jyogaiichiba.com/

おすすめ日帰りバスツアー

札幌の名所を巡るバスツアーもあります。乗り継ぎ等を考えなくても良いので楽ですし、ガイド付きのものならそれぞれのスポットについて詳しく知ることもできます。時間があまりない方にも、半日のプランもあるのでぜひ選択肢に入れてみてください。

【さっぽろ午前観光】大倉山&羊ヶ丘展望台コース(多言語案内対応) 【さっぽろ午後観光】大倉山&羊ヶ丘展望台コース(多言語案内対応) 【北海道・札幌】1名から運行!バスガイドがご案内するさっぽろ市内早まわり観光バス
札幌駅を出発し、車窓から旧道庁や大通公園を見たあと、大倉山ジャンプ場と羊ヶ丘展望台を下車見学します。 札幌半日観光の午後出発のプランです。ランチ後にちょうど良い時間帯です。 短時間ですが、大倉山と中央卸売市場に立ち寄る半日コースです。
2,600円~ 2,600円~ 2,500円~

新千歳空港でお土産購入

ホテルに帰って荷物をピックアップし、JRで新千歳空港へ。

新千歳空港は地方空港の中でも大きい部類に入り、お土産屋さんもかなり広いです!そしてお土産の種類は膨大です!!購入には個人差はあれど時間を要するかと思います。余裕をもって出発しましょう。

新千歳空港には、いろいろな施設が設けられています。ホテルや映画館に温泉施設、お子様向けにはサンリオやドラえもんなどのキャラクターと出会えるパークゾーンも。また、大人気のロイズチョコレートの工場もあります。最後の北海道グルメを味わうもよし、これらの施設で楽しむもよし、これを機会にぜひゆっくり空港内も見学してみてください。

個人的に、空港内の「新千歳空港温泉」がお気に入りです。ちょっとお高めですが、空港の中にあるにしては広く、清潔で安心して入れる温泉。遅い時間のフライトの人はここでゆっくりするのもおすすめですよ~。

新千歳空港温泉
千歳市美々987-22 新千歳空港国内線ターミナルビル4F
0123—46—4126
10:00~翌朝9:00
3月法定設備点検のため休館日あり
中学生以上:1,500円、小学生:800円、3才~未就学児:600円
http://www.new-chitose-airport-onsen.com/

プランニングのポイント

ゴールデンウィーク、札幌での服装

北海道を旅行する予定の友人からよく受けるのが、「何着ていけばいい?」という質問。当然今いる場所より厚着して行って!という話なんですが、それだとちょっとわかりにくいですよね。今回はゴールデンウィーク中の旅行を想定しているので、その時期の気候で考えてみましょう。

気象庁のホームページによると、札幌の5/3~5/5の平年値は【最高気温:15.5~15.8℃】【最低気温:6.4~6.7℃】。

う~、まだまだ寒いです。ゴールデンウィークの東京といえば、暑い日は半袖でもいいくらいですから、だいぶ違いますよね。それもそのはず、ゴールデンウィークといえば札幌あたりは桜の開花時期なんです。東京では3月の末には咲き始めますから、およそ1か月以上の気温差があるわけです。

じゃあ何着ていけばいいんだ?ということで、おすすめはスプリングコート。中はシャツやカットソーに薄手のカーディガンやニットなどを重ね着して。東京で夜桜を見に行くような感じの服装を想定していただけるとちょうど良いと思います。

2泊3日で札幌・小樽以外も観光したい!

せっかく北海道に行くんだから、もっといろんなところに行きたい・・・。気持ちは大変よくわかりますが、2泊3日で札幌をメインに観光するのであれば、もう一か所どこかへ行くなら、今回ご紹介した小樽くらいが限界かなと思います。

例えば函館。札幌との距離は約250kmです。ついでに行くにしては遠すぎます。移動時間がもったいないですし、函館は函館でとても良いところなので、札幌旅行とは切り離して行ってほしいです。

続いて知床や釧路など道東方面。これも函館と同じです。遠すぎます。知床は世界遺産にもなっていますし、こちらも札幌とは別に機会をもってほしいです。

人気の旭山動物園。ここは今回ご紹介するか悩みました(行けない距離ではない)。ただ、ここは日本でも特に来場数の多い動物園です。外国人も多く訪れます。朝8時にレンタカーを借りて旭川へ向かっても、到着するのは10時半くらいでしょうか。夏期は9時半には開園しますから、着くころには駐車場もいっぱいで、並ぶこともあるかもしれません。旭山動物園に行くなら札幌観光は捨てて、旭川に泊まった方が良いと思います。

最後に、富良野や美瑛。北海道らしい風景といえばこの地域。道産子の私ですら、行くと清々しい気持ちになるほど広大な土地が広がります。花の季節は特に素晴らしいですよね。ここも正直行けない距離じゃないです。札幌からは車で2時間半くらいでしょうか。ただ、2泊3日というスケジュールを考えると、往復5時間はもったいない気がします。もちろん、札幌観光はなしで、「今回のメインはファーム富田だ!」というのであれば話は別です。

要するに、北海道は思ってる以上に広いから無理するなということです。よく、笑い話として「道外の人は北海道の距離感間違えてる」という話がテレビで紹介されていますが、あれ、本当に冗談じゃないんですよ~。夏休みなどは、無理なスケジュールを立てて移動する観光客の交通事故も多いんです。

レンタカーって必要?

もちろん行きたい場所や人数にもよりますが、札幌市内の観光であれば必須ではないかなと思います。札幌市内はJRに加えて市営地下鉄、市電も通っています。「白い恋人パーク」なども地下鉄でアクセス可能です。

ちょっと行きにくいのが「羊ヶ丘展望台」なんですよね。有名なクラーク像のあるところですが、ここはバスで行くしか方法がありません(4~11月のみ)。羊ヶ丘展望台に行くのであれば、定期観光バスもおすすめです。

宿泊場所は?

2泊とも札幌に宿泊しますが、場所は札幌駅周辺より大通やすすきのに近いエリアが良いと思います。大通公園は散歩をしているだけでも北海道の心地よい空気が感じられて気持ちがいいですし、夜は札幌駅の周りよりもすすきの側の方が断然お店も遅くまで開いています。

おすすめツアー

札幌旅行のおすすめツアーをご紹介します。航空券+ホテルのパックツアーの方が安くなることもあるので、行きたい時期の価格を調べてしっかり比較しましょう!


ゴールデンウィークに行く札幌、2泊3日のモデルコースをご紹介しました。連休は飛行機・ホテルなど予約が取りにくくなります。ぜひ早めに計画してくださいね!

コメント