新鮮刺身とうにぎり!札幌で海鮮を食べるなら「函館開陽亭」

私は北海道出身なので、札幌を旅行する予定の友人からおすすめのお店を尋ねられることがたまにあります。そんなときいつも挙げるのがこの「函館開陽亭」。美味しい海鮮を食べるならぜひ行ってほしいお店です。

今日は「函館開陽亭」の魅力をたっぷりとご紹介します。

スポンサーリンク

函館開陽亭について

名前の通り、本店は函館。札幌には全部で6店舗あります。そのうち「大三坂」は洋風メニューを提供するちょっとおしゃれなお店で、ほかの5店舗とはコンセプトが異なるようです。

1.すすきの本店 2.すすきの2号店 3.すすきのレストランプラザ店 4.すすきの南7条4号店 5.どさんこ家 6.別邸 大三坂

私はこのうち4店舗を利用したことがあるのですが、最近は地下鉄の「すすきの駅」からいちばん近い「レストランプラザ店」に行くことが多いです。大通からも、地下街を通れば地上をほとんど歩かずに済むので寒い冬でも平気!

函館開陽亭のおすすめメニュー

活イカ

必ず注文してほしいのが活イカ!最近は漁獲量が少なく、しかもサイズも小さくて残念なのですが、新鮮なものが食べられるのでぜひぜひ食べてほしいです!

その日の水揚げがなければ注文できませんし、仕入れがあっても数が限られているのでなくなってしまうこともあります。お店の予約時に伝えておけば仕入れがあった場合は取り置きもしてもらえるので、イカも一緒に予約をしておきましょう。

また、活イカは時価なので、そのときの水揚げ量や大きさによって価格が変わります。私はいつも予約時にその時期のだいたいの価格を確認しています。もちろんお店を利用する日に値段が変わる可能性もありますが、先に大まかな価格をきいておくと安心です。

お刺身盛り合わせ

単品のお刺身もあるのですが、盛り合わせはかなりお得です。

盛り合わせは小磯盛(二人前)・函館盛(二~三人前)・漁火盛(三~四人前)・夜景盛(三~五人前)・五稜郭盛(四~六人前)・大漁盛(四~七人前)とあるのですが、人数よりちょっと少な目の盛り合わせにしたほうが、ほかにもいろいろ食べられると思います。

たとえば、前回私が行ったときは四人で小磯盛を注文しました。メニューには二人前と書かれていますが、4切ずつあるので十分。これに活イカやほかのメニューも食べてちょうど良い感じでした。

2012年の春。
2012年冬。
2013年夏。
2018年冬。

これとは別に、一~二人でのみ注文できる「一人前盛」もあります。二人ならこれでも十分かもしれません。いずれにしても、思ったより量が多いのでどれくらいか店員さんに訊いてから注文した方が良いと思います。

一人前盛

カニクリームコロッケ

生ものを食べていると、火の通ったものも欲しくなりますよね~。そんなときは「カニクリームコロッケ」です!

カリッと揚げた衣を割ると…

ほとんどカニ!?

毎回注文する一品です。※写真の衣の色が違うのは別の日に撮ったからです…ごめんなさい。

うにぎり

函館開陽亭の名物がこれ、うにのおにぎり「うにぎり」です!開陽亭に来られる方は、みんなうにぎり食べてるんじゃないかなと思うくらいのメニューです。

写真があれば説明はいらないと思います。最後の〆にどうぞ!大きさも選べますよ~

ランチ営業している店舗

札幌にある6店舗のうち「どさんこ家」のみ、お昼も営業しています。「どさんこ家」は「レストランプラザ店」と同じ建物です。

ランチでは、夜メニューにはない丼物のほか、お刺身やほっけ焼きなどのおかず2品とサラダ・小鉢が付いた「どさんこ定食」がお得!海鮮だけでなくジンギスカンもあり、おかずは単品で追加もできます。リーズナブルに開陽亭が楽しめるので、ランチの時間もおすすめです。

サラダと…
おかずはお刺身とカニクリームコロッケをチョイス!

札幌で海鮮を食べるなら「函館開陽亭」!

札幌には海鮮居酒屋がたくさんあるのですが、中には観光客向けの高いだけのお店もあります。その中でいつ行っても大満足なのが函館開陽亭。私も帰省のたびに利用しており、自信をもっておすすめできるお店です。

いつもお客さんでいっぱいなので、必ず予約をしてから行ってくださいね。活イカの予約も忘れずに~!

函館開陽亭 すすきの本店

函館開陽亭 すすきの南5条2号店

函館開陽亭 すすきのレストランプラザ店

函館開陽亭 すすきの南7条4号店

どさんこ家

  • 札幌市中央区南4条西5丁目1F
  • 札幌市営地下鉄「すすきの駅」より徒歩約5分
  • 011-211-4944
  • 11:30~24:00(LO 23:00)※予約状況・食材の入荷状況によっては、15:00~17:00は一時中断する場合もあり
  • 定休日:なし
  • クレジットカード:可

開陽亭別邸 大三坂

コメント