◆ 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響について

新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。

ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

◆ 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に関するお知らせ
新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。 ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

博多にあるもつ鍋人気店3店を食べ比べてみました!

博多グルメの代表といえばもつ鍋です。福岡市内にはたくさんのもつ鍋のお店があるのですが、1度の旅行で何軒も周れないという現実から、お店選びはなかなか悩ましいところではないでしょうか。

今日は、そんな福岡のもつ鍋店の中でも、よくガイドブックに掲載されている人気の3店を食べ比べた感想を書いていきたいと思います!

※同じお店でも、支店によりメニュー構成や価格が異なる場合があります。お出かけの際には事前にご確認をお願いいたします。

スポンサーリンク

博多のもつ鍋人気店食べ比べ

もつ鍋食べ比べ(1) 元祖もつ鍋楽天地 博多駅新幹線口店

福岡のガイドブックには必ずと言っていいほど掲載されている、人気もつ鍋店「元祖もつ鍋 楽天地」。福岡市内に9店舗展開しています。「もつ鍋の〆のちゃんぽん」発祥の店だそうです。

メニュー

スープの味1種類(しょうゆベース)
もつ鍋単品(1人前)1,090円(税抜)
セットメニュー2,190円~(税抜)
サイドメニュー酢もつ・キムチの2種類のみ

個人的な感想

メニューは、もつ鍋単品に2種類のコース、サイドメニューは酢もつとキムチのみという潔いお店です。もつ鍋を食べさせるんだという意気込みが伝わってきます。

1人前の価格も今回ご紹介する中ではいちばんリーズナブルですし、ランチでサッともつ鍋だけ食べたい!という方にはおすすめですが、夕食でお酒を飲みながら、博多グルメをいろいろつまみたいという方にはほかのお店の方が良いかもしれません。

今回は単品で注文しました。席に運ばれてきた鍋はガイドブックのとおり!高く盛られたニラはかなりのインパクトです。人気が出るのもわかる気がします。

スープは醤油ベースで、にんにくがたっぷり。山盛りのニラと相まってかなりワイルドな味もつの量も十分と感じました。ただ、お腹が空いている前半は良いのですが、後半から〆のちゃんぽんあたりになってくるとニラとにんにくがだんだんとくどく感じてきてしまいました。年齢でしょうか…若い人には良いのかな。

私が今回行った「博多駅新幹線口店」は、カジュアルな雰囲気でとても活気のあるお店でした。もつ鍋は見た目も味もかなりインパクトがありますし、賑やかなお店なので、総合的にみると若い方におすすめのお店です。

山盛りのニラ!

人気メニュー「酢もつ」※写真:ホットペッパー

元祖もつ鍋楽天地 博多駅新幹線口店

もつ鍋食べ比べ(2)もつ鍋笑楽 博多駅店

創業から30年以上のもつ鍋専門店「もつ鍋笑楽」。西中洲の本店を含め、福岡市内に3店舗展開しています。九州産和牛のもつのみを使用しているそうです。

メニュー

スープの味3種類(しょうゆ・みそ味白・塩)
もつ鍋単品(1人前)1,300円(税抜)
セットメニューランチ: 1,200円(税抜)~、夜:2,910円(税抜)~
サイドメニュー明太子・熊本馬刺し・唐揚げなど

個人的な感想

メニューはもつ鍋単品のほか、ランチのセットメニューと夜のコースが用意されています。中でもランチの「もつ鍋定食」は、もつ鍋にサラダ・明太子・小鉢が付いて1,200円とかなりお得なセットです。

サイドメニューは豊富。熊本の馬刺しのほか、「センマイ刺し」や「ミノの唐揚げ」など、ホルモンを使った料理も人気のようです。揚げ物などがっつりメニューも多い印象。

今回はランチの時間だったので、私たちも「もつ鍋定食」を注文しました。お店のおすすめに従って、3種類あるスープのうちの「しょうゆ」を選択。この日の小鉢はチャンジャだったかな?食べかけの写真しか残っておらず、大変申し訳ないのですが、見た目はいたって普通のもつ鍋でした。「楽天地」のビジュアルと比べるとおとなしく感じましたが、普通はこんなものだと思います(笑)。楽天地が特殊なだけですよね…。

もつの量は若干少なめに感じました。男性だとちょっと物足りないのではないかな?しょうゆベースのスープも、初めはあっさりしていてとても美味しく食べられるのですが、だんだんともつの脂にスープの味が負けていってしまうのが残念です。ごぼうが入っているので味に深みが出て、美味しいスープなのですが…。次に来ることがあればみそ味も食べてみたいところ。

私たちが今回行ったのは、JR博多駅の駅ビル「アミュプラザ博多」10Fにある「くうてん」というレストランフロア内の店舗でした。内装はかなりおしゃれで清潔感もあり、女性にも喜ばれるのではないでしょうか。

しょうゆを選びました!

「ミノの唐揚げ」※写真:ホットペッパー

もつ鍋笑楽 博多駅店

もつ鍋食べ比べ(3)博多もつ鍋 おおやま 博多デイトス

食べログなどグルメサイトでも高評価の「博多もつ鍋 おおやま」。福岡県内の9店舗を含め、東京や大阪など全国に20店舗展開するもつ鍋チェーン店です。今回ご紹介する3軒のなかで、個人的にいちばんのおすすめがこのお店。福岡と東京の店舗に行ったことがあるのですが、博多の店舗の方が断然美味しく感じました(気のせいかもしれませんが…)。

メニュー

スープの味3種類(みそ・しょうゆ・水炊き風)
もつ鍋単品(1人前)1,380円(税抜)
セットメニューランチ:1,280円(税抜)~、夜:2,000円(税抜)~
サイドメニュー明太子・熊本馬刺し・おきうとなど

個人的な感想

メニューはもつ鍋単品のほか、ランチのセットメニューと夜のコースが用意されています。夜のコースも1人前2,000円からとお得です。

サイドメニューはお酒のおつまみ系が中心。酢もつや明太子など福岡名物を中心に、熊本の馬刺し、キムチなど豊富で、もつ鍋以外のメニューだけでもお酒が進みそうです。

今回はお店おすすめのみそ味を単品で注文しました。もつは量も大きさも丁度よく、プリプリで大満足。スープも、もつやニラの存在に負けることのない味、かといって濃すぎるわけではないのでどんどん箸が進みますよ。全体的にバランスが取れたもつ鍋で、高評価なのもうなずけます!

3種類あるスープのうち、ほかのお店でなかなか見られないのが「水炊き風」です。もつ鍋というと、にんにくが入っているのでどうしても食べた後のにおいが気になる、という方も多いのではないでしょうか。「水炊き風」は、薄味で煮込んだもつを大根おろしとぽん酢でさっぱりといただくもつ鍋。私も次回行ったときにはぜひ挑戦してみたいです。

今回利用した店舗は一人旅の方にもおすすめ!駅直結のビルに入っているので出張客も多く、一人でも違和感がありません。私も一人だったのですが、快適に食事ができました。一人旅に嬉しい、お一人様用のコースもあるのでぜひ利用してみてください。

もつ鍋みそ味

酢もつ ※写真:ホットペッパー

博多もつ鍋 おおやま 博多デイトス


今日は、博多で食べ比べたもつ鍋人気店を3軒レビューしてみました。あくまで私個人が食べた感想なので人によって違う意見もあるとは思いますが、なるべく正直に書いたつもりです。スイーツなどと違って、もつ鍋の食べ比べは一度の旅行ではなかなかできないので、参考になればいいなと思います。ぜひ、お気に入りのもつ鍋店を見つけてくださいね!

博多のもつ鍋店をもっとさがす!

コメント