水戸の梅まつりへ!日本三名園「偕楽園」へ一足早い春の旅

日本の春といえば、やっぱり桜。でも、それよりも少し早く春の予感をさせてくれる花があります。それは・・・梅!まだまだ寒さの厳しい2月、ピンク色の愛らしい花を見たら、心がぽっと温かく感じるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは梅の名所で知られる、日本三名園の一つ「偕楽園」です。毎年2月中旬から3月末にかけて「水戸の梅まつり」が開催されます。2017年の来場者数は58万7300人。春の便りを楽しみに、全国から観梅客が訪れる花のお祭りです。

スポンサーリンク

2018年も「水戸の梅まつり」が開催されます!

概要

会期 2018年2月17日(土)~2018年3月31日(土)

会場 偕楽園 弘道館

「水戸の梅まつり」その歴史

2018年の「水戸の梅まつり」ですが、今回はなんと122回目を数えます。こんなに長い歴史があるんですね!もともとは、1900(明治33)年に2月の最終日曜を「観梅デー」としたことが始まりとか。現在でも梅まつりの会期中には、土日を中心にイベントも多く行われ、茨城の春の風物詩となっています。

2つの会場の特色

偕楽園

1842(天保13)年、第九代水戸藩主・徳川斉昭公によって造園された庭園。日本三名園の一つとなっており、約100種3000本の梅が植えられています。梅の名所で有名ですが、園内には梅のほかにも、桜やツツジ、あじさいなどさまざまな花があり、年中楽しむことができる庭園です。

見どころは梅まつりのメインである「東西梅林」。江戸から運んだ梅の種子から一万本の苗木を栽培して造られた梅林だそうです。梅と一口に言っても、いろいろな種類の梅があるので一本一本美しさが異なり、眺めていると時間を忘れてしまいそう!開花中は観梅客の絶えない場所です。

芝生の広がる「見晴広場」はイベント会場に。会期中はお茶会なども開かれます。

弘道館

水戸藩の藩校で、1841(天保12)年、こちらも斉昭公により創立されました。儒教や歴史、数学などのほか、剣術や水泳など、まさに文武両道の学び舎!当時としても、日本で最大の藩校で、徳川最後の将軍・徳川慶喜もここで学んだそうです。

梅の名所としても有名で、敷地内には約60種800本の梅が植えられており、こちらの見頃は例年3月上旬~中旬。梅まつりの会期中は、和楽器の演奏なども行われます。

期間中のおすすめイベント

みとちゃんお誕生会

水戸市のマスコットキャラクター「みとちゃん」のお誕生会が行われます。毎年お友だちのキャラクターもお祝いに来てくれているようで、ゆるキャラ好きにはたまらないイベントです。

2018年のお誕生会は2018年2月17日(土)・18日(日)の2日間!(ちなみにみとちゃんのお誕生日は3月10日だそうです、当日にやるわけじゃないのね・・・)

夜・梅・祭2018

数千個のキャンドルで園内を飾る夜のお祭り。日中とは少し違った幻想的な雰囲気が楽しめます。

弘道館・偕楽園でそれぞれ会期中1回ずつ行われます。

2018年の開催予定

  • 弘道館 2018年3月3日(土)18:00~21:00
  • 偕楽園 2018年3月10日(土)18:00~21:00

第6回全国梅酒まつりin水戸

日本全国の梅酒を飲み比べできるイベントです。梅酒カクテルや、梅酒に合わせたおつまみも楽しむことができます。全国で行われているイベントですが、水戸会場では梅酒とビールを組み合わせた「梅酒ビール」も味わえますよ(ほかは西宮会場だけ!)。

2018年の開催予定

 2018年3月2日(金)・3日(土)・4日(日)10:00~16:00(5日は15:00まで)
常盤神社

アクセス

偕楽園へ

公共機関利用の場合

水戸駅北口よりバスが運行しています。

  • 4番のりば 茨城交通
  • 6番のりば 関東鉄道
水戸漫遊1日フリーきっぷ

茨城交通で発行しているきっぷです。大人400円で茨城交通・関東鉄道・関鉄グリーンバスの対象区間が1日乗り放題となります。通常、水戸駅~偕楽園間で茨城交通のバスを利用すると大人480円ですので、これだけで十分元がとれてしまうという大変お得なきっぷです。さらに、偕楽園内にある好文亭や、弘道館など協賛施設の入場料などが割引になる特典も。水戸駅からバスで偕楽園へ向かうなら、ぜひ利用したいきっぷです。

なお、梅まつり開催期間中の土休日に限り、臨時駅「偕楽園駅」が開設されます。例年9:10~15:30の間、下りのみの停車です。

車利用の場合

偕楽園付近は収容台数の多い駐車場があり、梅まつりの会期中には臨時の駐車場も設けられていますが、特に土日は混雑が予想されます。可能であれば電車やバスを利用した方が良さそうです。

弘道館へ

JR水戸駅より徒歩約8分

お得なバスツアーもあります!

偕楽園で梅まつりを楽しんだあと、好漁場で知られる那珂湊で回転寿司食べ放題がついた毎年好評の日帰りバスツアー!もちろん新鮮な海鮮のお買い物もできますよ。新宿~水戸間は特急を利用すると4,000円弱なので、交通費を考えるととてもお得なプランです。

【新宿発】春の到来を告げる♪偕楽園「水戸の梅まつり」と那珂湊直送!デカネタ回転寿司食べ放題

水戸ドライブイン→偕楽園→回転寿司食べ放題&海鮮のお買い物→お芋ジェラートのおやつ

8,490~8,990円

水戸の梅まつりについてご案内しました。梅が咲いたら待ち遠しい春はもうすぐそこ! ちょっと足を運んで、少し早い春を感じてみませんか?

コメント