久しぶりの函館に行ってきた!五稜郭と元町をぶらぶら歩き

五稜郭タワーより

2014年のお盆休み。

札幌近郊の実家へ帰省ついでに、函館に行くことにしました。函館は私の両親の故郷で、今も親戚が多く住んでいます。我々夫婦は結婚式に家族と友人しか呼んでいなかったので、親戚たちへ夫を紹介する良い機会だったし、夫は初めての函館。私も10年前に祖父が亡くなって以来だったので、とても楽しみに行ってきました。

実家で2~3日ゆっくりした後、両親も一緒に車で函館へ。1日目は久しぶりの親戚の家で賑やかに過ごし、2日目・3日目で函館観光。函館は見どころいっぱいの街なので、かなりぎゅうぎゅうに予定を詰めてのスケジュールとなりました。

今日は、美味しいものと見どころぎっしりの函館観光2日間のお話です。

スポンサーリンク

最初の観光、五稜郭公園へ

宿泊は五稜郭公園近く。交通も便利です

初日は着いたらもう夕方。親戚の家でお寿司をごちそうになり、夫も交えて楽しく過ごす。両親も嬉しそう。なかなか函館に行く機会がなくて、夫をみんなに会わせられるとしたら誰かの葬式かな・・・と思ってたくらいだったので、本当に良かった。次会うときこそ誰かの葬式かもなー・・・(笑)

宿泊したのはホテルネッツ函館。五稜郭公園も電停も近くて便利そうだなと思い、ここに決めた。今回函館の記事を書くにあたって、ホテルをいろいろ調べていたところこのホテルも相当朝食が美味しそう。予約した時はそんなことも知らず、素泊まりに・・・。もったいなかったわー。

ラビスタだけじゃない!函館で絶品朝食が食べられるホテル

内装もきれいだし、1階はコンビニだし、2泊共に快適だった。周辺も飲食店がたくさんあるので夕食にも困らない。宿泊する方はぜひ朝食も。

五稜郭タワーからの景色

翌日は天気が良く気持ちの良い朝!このままの天気なら夜景も大丈夫かな。さっそくホテルを出て、五稜郭公園へ。徒歩で向かっていたら、五稜郭在住の昨日会った親戚の一人に遭遇!函館せまっ。

五稜郭公園といえば星形の城郭ですが、それを確認するには五稜郭タワーに上らなければいけません。予定が詰まっていることもあり、朝9時には着くようにして向かいました。

ところで五稜郭タワーができたのは1964年ということですから、もう50年以上も前からあるんですね。今のタワーは2006年からだそうなので、私の思い出の中にあるタワーは先代のもの。今より四角っぽい形だったような・・・うろ覚えだけど。

1階はお土産ショップ。2階は食事をするところ(五島軒のカレーが食べられます)、その上が展望1階・2階となっています。最上階の展望2階は、ペリーの来航や箱館戦争など、歴史を学べる展示が。結構詳しくしっかりとした展示で、見ごたえがあります。絵や写真パネルもたくさん使われているので、歴史が苦手な人でもわかりやすいと思います。

五稜郭タワーより

画面におさまりきらず・・・

 

五稜郭タワーより

五稜郭タワーから見た函館山。

1階に戻ってきたら、なんともいえないゆるキャラが。五稜郭タワー公式イメージキャラクター「GO太くん」だそうです。写真も撮らせてもらいました~。笑顔が素敵です。

GO太くん

チャームポイントは避雷針(写ってないけど)。

HPによると、夢は「タワー界のスターになる」だそうです。なれるといいねえ。

余談ですが、うちの母は昔タワーでバイトしていたことがあって、帰宅中に後ろを振り返ったらタワーの電気が点いたままで、慌てて戻った(消し忘れ)、という話を何度もきいたことがありますw

函館B級グルメ「ラッキーピエロ」

五稜郭タワーを出ると、さっきより観光バスが増えて大混雑。外国人も多そうだった。五稜郭公園内を少し散歩して、朝食を摂っておらずそろそろお腹が空いてきたので、楽しみにしていたラッキーピエロへ!夫はハンバーガー大好きな人なので、この函館旅行でのいちばんの楽しみがラッキーピエロ。夏休み前から何かにつけて「ラッキーピエロ楽しみだなあ・・・」と呟いていたのです。

ラッキーピエロ

五稜郭公園店へ行ってきました。一緒に写っているのが五稜郭タワー。

 

ラッキーピエロ

メニューがたくさん・・・

店内は相変わらずごちゃごちゃしていてポップでキッチュ。こんなにいろいろメニューがあるんだねえ。

ラッキーピエロ

中身を写していないという・・・(笑)

注文したのはもちろん、いちばん人気の「チャイニーズチキンバーガー」。あまり同じものを頼みたくない派の私は2番人気の「ラッキーエッグバーガー」。夫は楽しみにし過ぎて自分の中でどんどんラッキーピエロのハードルを高くしていたにもかかわらず、あまりの美味しさにいたく感動していた。私は久しぶりのラッキーピエロが懐かしくて、美味しく食べたけど、「同じものを頼みたくない派」を貫いたことをちょっと後悔。やっぱりチャイチキのが旨い。

函館といえばこのスポット、西部地区へ

のんびりぶらぶら、ベイエリアを歩く

お腹がいっぱいになったところで、市電に乗って「函館駅前」で下車。この時点でまだお昼前。お腹いっぱいといいつつ、朝市ではメロンを試食させてもらってめっちゃ美味しかった!買わなかったけど。

金森倉庫の中もぶらぶらしながら、海沿いを歩く。しかし、朝はあんなに晴れていたのに、急に雲の様子が怪しくなる。せっかく函館らしい景色なのに・・・

函館は、高校の時に友達と二人で旅行に来たこともあった。ベイエリア付近で海を見ながらぼーっとしたっけ・・・その子とは今も友達。あれからもう20年・・・怖い。

金森倉庫

せっかくの函館らしい景色なのに、空はどんより。

坂、坂、坂

「十字街」から再び市電に。「函館どつく前」で下車して、函館の坂を横切りながら二十間坂を目指します。

人気の函館元町エリアを歩く。のんびり散策おすすめコース

この辺りは父が生まれ育った場所。小さいころから昔の話をいろいろ聞かされてきたから、ここへ来るとどうしても懐かしい気持ちになってしまう。

まずは最初の坂、魚見坂。

魚見坂

それぞれの坂に、こうやってわかるように標識みたいのがある。二十間坂まで全部写真を撮ったけど、しつこいので有名どころだけ貼ります。

こちらは大正湯。レトロだねえ。

大正湯

まだ営業中らしい。

これはなんだっけ?忘れちゃった。色が可愛くて撮ったんだと思う。

次は常盤坂。坂の向こうに船が見える。

基坂(たぶん)。この坂を上ると元町公園。

函館は北海道の中では温暖な方ですが、冬はやっぱり道路が凍結するらしく、坂道も例外ではないのです。母が冬にこの基坂でよくこけた、という話をこれまた何度もきかされましたw

公会堂です。この辺になるとまた日が差してきて一安心。でも暑い・・・。近くでソフトクリームが売っていたのでひと休み。北海道のソフトクリームはやっぱり美味しい~。

旧函館区公会堂

来ました!八幡坂です。函館でいちばん有名な坂です。この後ろには函館西高。うちの父と演歌の大御所・さぶちゃんの母校です。

八幡坂

しかし、なかなか上手いこと撮れないものだねえ・・・ちょっと曲がっちゃってるし。言い訳をすると、この辺本当に人が多くてね、ベストポジションをなかなか確保できないんですよ。やっと空いた!と思っても、撮りたい人たくさんいるからね、あまりゆっくりもしていられない。前に立たれちゃったりもするし・・・。

お次はチャチャ登り。

「チャチャ」はアイヌ語で「おじいさん」という名前らしい。おじいさんみたいに腰を曲げて登るほど急な坂、ということでこの名前なんだそうです。これは下から写したものですが、だんだん疲れてきていたので登る元気はなかった。

この後二十間坂までたどり着き、そのまま下って坂散策は終了。

そんなにお腹は空いていなかったけど、目当てのラーメン屋さんがあったので行ってみました。
[blogcard url=”https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1000056/”]
しかし、長蛇の列で断念。

このまま函館山に登る予定でしたが、思ったよりも時間に余裕があり、汗もかなりかいていたので、日帰り温泉へ行くことに。次回に続きます。

続きです!
 久しぶりの函館の味。想像を絶する激ウマ海鮮に舌つづみ!

コメント