◆新型コロナウイルス(COVID-19)の影響について

新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。

ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

◆新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に関するお知らせ
新型コロナウイルスの感染拡大により、宿泊施設、観光スポットや交通機関等について営業内容に変更・休止の影響が出ております。 ご利用の前に最新情報を必ずご確認ください。

北海道の大自然を満喫!富良野日帰りドライブ旅

北海道といえば、果てしない大空と、広い大地…。歌にもあるように、雄大な自然が何にも勝る持ち味です。

今回は、そんな北海道の中でも特に自然の豊かさを感じることができる富良野へ、ドライブ旅に行ってきました!

※2017年8月の旅行の記録です。現在は、これから記すことと相違する点があるかもしれません。ご旅行の際は事前にご自身でのご確認をお願いいたします。

スポンサーリンク

富良野日帰りドライブ旅

ファーム富田

実家から富良野までは車で約2時間半。家族の車を借りて出発です。

最初に行ったのが「ファーム富田」。ラベンダーで有名な富良野ですが、その中でも特に有名なラベンダー農家さん。広大な花畑に、ラベンダー関連の商品もたくさん販売されており、外国からの観光客も多く訪れます。富良野の一大観光スポットです。

ラベンダーだけでなく、様々な花が咲いています。

お盆休みを過ぎた平日でしたが、なかなかの人の入り。土日や連休はもっと混雑するでしょうね。

お昼をちょっと過ぎてしまい、お腹が空いたので園内のカフェでランチ。夫はコロッケバーガー、私はソーセージドッグ。

どちらもボリュームもあり、美味しかったです。価格も観光スポットにしてはお手頃でした!

ファーム富田

とみたメロンハウス

ファーム富田のお隣にあるのが「とみたメロンハウス」。メロン型のアドバルーンが見えていたので、行ってみました。

北海道の農産物というと、とうもろこしやじゃがいもなどのイメージが強いと思いますが、内陸部を中心に、北海道でも多くのメロンが栽培されています。生産量は全国で2位だそうです(1位は茨城県)。

ログハウス調の建物の中は、メロンでいっぱい!

私たちもカットメロンをいただきました。

う~ん、甘くて美味しい!幸せな気分になれます。

ソフトクリームやスムージーなど、メロンを使ったスイーツもたくさんありました。メロン自体の直売もしているので、購入して持ち帰ることも、お土産として希望の場所へ送ることもできますよ。

中富良野町営ラベンダー園

とみたメロンハウスを出て、車で2~3分のところにあるのが「中富良野町営ラベンダー園」です。もともとはノーチェックだったのですが、花がきれいだったので寄ってみました。

本来ここは中富良野町営「北星山スキー場」。夏の間はこうしてラベンダー園として楽しませてくれているそうです。

夏もリフトは稼働。

小さい山ですが、上からの景色が素晴らしい!雲が多かったのが残念です。

そして、園内にはずっと映画「北の国から」のテーマが流れています(笑)。北海道感満載で面白かったです。

おみやげが買えたりする施設などはありませんが、ファーム富田よりも人も少なくのんびりとした場所なので、ゆっくり景色を楽しみたい方にはおすすめです。私もここはまた行ってみたいなあと思っています。

中富良野町営ラベンダー園

カンパーナ六花亭

続いて「カンパーナ六花亭」へ。ラベンダー園からは車で15分ほどです。

六花亭は「マルセイバターサンド」や「霜だたみ」など、北海道のおみやげを代表するスイーツを多く製造・販売している北海道の企業。特に、マルセイバターサンドはどちらにお渡ししても喜ばれる人気商品です。

カンパーナ六花亭」は富良野市にある六花亭の大型店舗。敷地はなんと2万4千坪。お店の中からも広大な景色が望めます。

販売スペースでは、お菓子のばら売りもしています。ちょっと食べてみたいな、という商品もお試し感覚で購入できるのが嬉しい!

また、六花亭オリジナルグッズもあります。思わずタオルとマスキングテープを買ってしまいました…。

イートインコーナーには、カンパーナ六花亭オリジナル商品があります。

ふらの餅を食べてみました。

焼き豆大福、といったところでしょうか。お餅に入っている豆は富良野産の赤えんどう豆だそうです。焼き立てなので風味が良く美味しいです。

カンパーナ六花亭

富良野日帰りドライブ旅で行ったところ

1.ファーム富田 2.とみたメロンハウス 3.中富良野町営ラベンダー園 4.カンパーナ六花亭

富良野ドライブ旅のポイント

今回私たちは半日でこの3カ所を周りましたが、富良野の名所はたくさんあり、周辺観光も含めれば半日では周りきれません。富良野に行くなら、旭山動物園美瑛の丘なども合わせて周りたいところ。旭川や富良野に宿泊し、そこを拠点にすると時間に余裕をもって周れます。富良野・旭山動物園を周るモデルコースも作成したので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

札幌に宿泊する場合は、観光バスツアーを利用するのも一つの方法です。レンタカーよりも自由度は下がりますが、効率よく周ってくれるので無駄なく観光できます。車の運転に自信がない方や冬季の旅行にもおすすめです。


今日は、富良野の日帰りドライブのことを書きました。

北海道旅行というと冬!雪!というイメージかもしれませんが、私個人としては5月から夏にかけてがいちばんのおすすめです。気候が良く、花が咲き、北海道の大自然を味わうなら夏がベストシーズン。富良野のラベンダーも、7月が見頃です。レンタカーでの移動も楽ですし、雪による交通機関の乱れも避けられます。

ぜひ、北海道の夏のドライブを楽しんでくださいね!

コメント