人気の函館元町エリアを歩く。のんびり散策おすすめコース

函館山

見どころいっぱいの函館。特に元町は函館の歴史や文化を凝縮したような地域です。函館観光のメインとなる元町エリア、どんなふうに周ったら良いの?という方のために、散策コースをご紹介します。

 東京から函館へ、2泊3日のおすすめモデルコースについてはこちら
[blogcard url=”http://tabideyo.com/hakodate-plan/”]

スポンサーリンク

函館元町ってこんなところ

元町のある函館市の西部地区は、現在観光客で賑わうベイエリアから、教会や旧函館区公会堂など、西洋風建築物が建つ函館山の麓にかけての地区を指します。

函館は、1859年に国際貿易港として開港。それまで日本は鎖国をしていましたが、これを機に外国からいろいろな文化が入ってくることとなります。函館港を中心に、港に近いこの西部地区から函館は栄えていきました。

西部地区には異国情緒あふれる建物が多く並んでいます。NHKのブラタモリだったでしょうか?何かのテレビ番組で見たのですが、この辺りには、1階が和風建築、2階が洋風建築の建物が多いんです。古い日本家屋とも、教会や洋館とも馴染む、不思議な建物。きっと当時からハイカラな街だったんでしょうね。

そんな函館独特の建築物と、函館山の麓から海岸へ伸びる坂道、路面電車と石畳。これらの風景がひとつになって、西部地区の景観を作り上げているのです。

気になって調べていたら、詳しい説明の載ったサイトがありましたので、ひとつご紹介しておきますね。とてもわかりやすく書かれているので、私のつたない説明は不要かと思います(^▽^;)
[blogcard url=”http://www.hakobura.jp/walk/110331nakao01.html”]

函館元町おすすめ散策コース

では早速、散策コースをご紹介していきます。函館は美しい坂道も有名ですよね。今回のコースでは、19ある坂道のいちばん西側の「魚見坂」を上ってから、左手に坂の上からの景色を楽しみながら海岸線と平行に進み、二十間坂を下って金森赤レンガ倉庫まで歩きます。

だいたい3km弱くらいだと思いますが、私(30代女性)の足で写真を撮りつつゆっくり歩いて3時間ほどでした。では、下の地図に沿ってご説明しますね。

スタートは市電の電停「函館どつく前」から

函館市電

函館市内を走る路面電車は函館市民の足。市内の観光地もほぼ市電で行くことができますから、利用しない手はありません。函館駅前などで購入できる「市電1日乗車券」が便利です。バスも乗る場合は市電と函館バスの共通券もあります。

市電5系統に乗車して、「函館どつく前」(地図A)で下車します。「函館駅前」電停からは12分。着いたらすぐに「弁天岬台場跡」があります(地図を拡大して見てね)。その横がひとつめの坂、「魚見坂」(寺町通)。いちばん西側の坂になります。そのまま上っていくと信号があるので左へ曲がると弁天末広通。

少し進むと「船見坂」。この船見坂をちょっと上ると、角にピンク色の外観の建物が見えてきます。これは「大正湯(地図B)」。その名のとおり大正時代からある銭湯で、今も営業中です。

またさっきの道、弁天末広通に戻ります。戻ったら左手に海を見ながらそのまま直進。坂道ごとに雰囲気も景色も違うので、歩いているだけでも楽しい道です。

元町のシンボル、「旧函館区公会堂」

旧函館区公会堂

「基坂」まで来たら坂を上ります。元町公園(地図C)の向こうに見えてくるのが、ブルーとイエローが美しい洋館、「旧函館区公会堂(地図D)」です。大火で焼けてしまった町会所の代わりとして建てられたものだそう。入場料¥300で中に入ることもできます。また、館内では「ハイカラ衣裳館」でドレスを借り、記念撮影も行えます(有料)。

旧函館区公会堂ーじゃらんnet

函館といえばこの坂、「八幡坂」

八幡坂

公会堂の前の道を進みます。この道はカフェがあったりソフトクリームが売っていたりするので、ちょっとひと休みするのも良いかもしれません。

さらに進むと右手に函館西高、左手には有名な「八幡坂(地図E)」。函館の坂といえばこの坂ですよね。多くの媒体でロケ地になっているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。海へ向かって一直線に伸びた坂。視線の先には青函連絡船「摩周丸」が見えます。時折路面電車が横切るのも雰囲気がありますよね。ずーっと見ていても飽きない坂です。

ただ、函館でもいちばんの人気の坂なので、いつも人が多く、なかなか写真が撮れないのが残念なところ・・・。

元町の教会群

ハリストス正教会

八幡坂を後にすると、右に見えてくるのが函館ハリストス正教会(地図F)。元々は、ロシア領事館の中に聖堂を作ったことがはじまり。その後火事で焼失してしまいましたが、大正時代に再建されました。その鐘の音から、「ガンガン寺」とも呼ばれています。

この辺りには他にも、カトリック元町教会、聖ヨハネ教会があります。それぞれ宗派が異なり、建物の雰囲気も違います。そのような点に着目してみるのも面白いと思いますよ~。

函館ハリストス正教会ーじゃらんnet

函館B級グルメ「ラッキーピエロ」でランチ

道幅が二十間(約36m)あることから名づけられた「二十間坂」まで進んだら、坂からの景色を楽しみながら下っていきます。電車通りを渡り、函館を代表するB級グルメ、「ラッキーピエロ(地図G)」へ。一番人気のチャイニーズチキンバーガーがおすすめです。

この二十間坂の途中には老舗の洋食レストランの「五島軒」、ラッキーピエロの隣には「やきとり弁当」で有名な「ハセガワストア」も。この辺りには美味しい函館グルメを味わえるお店がたくさんあるので、食事には困らないはず。

函館来たらこれ食べて!朝・昼・晩シーン別おすすめグルメ

ゴールは函館の人気観光スポット、金森赤レンガ倉庫へ

金森赤レンガ倉庫

最後は函館観光の定番、金森赤レンガ倉庫へ。函館山と赤レンガをバックに、絶好の写真撮影スポットです。おしゃれな雑貨やお土産の購入もできますよ。

また、幻想的にライトアップされた夜の風景もおすすめ。函館山で夜景をみた帰りにもう一度立ち寄ってみては?

金森赤レンガ倉庫ーじゃらんnet

 

 

以上が、散策コースとなります。時間があまり取れない場合は、市電「末広町」電停をスタート地点にし、「基坂」を上って元町公園→旧函館区公会堂→ハリストス正教会→二十間坂→ベイエリアへ・・・というコースでも良いと思います。

どちらにしても坂道を歩きますし、石畳もあるのでガンガン歩けるスニーカーがおすすめです。また、函館は北海道の中でも温暖なところです。夏は結構暑くなるので、水分補給をしっかりと。

楽しい散策になることを祈ります!

元町散策してきました!
久しぶりの函館に行ってきた!五稜郭と元町をぶらぶら歩き

コメント